ことば汁 (中公文庫)

  • 140人登録
  • 3.78評価
    • (9)
    • (13)
    • (12)
    • (1)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 小池昌代
  • 中央公論新社 (2012年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122055896

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
又吉 直樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ことば汁 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 女の人がたくましく生きていく為には、妄想が必要なのだ。みじめな自分に、妄想というアートで、言い訳を与えてあげるのだ。

    そんな美しい言い訳が、6つも読めるなんて。

  •  普通の日常からいつの間にか別世界へと迷いこんでしまう短編集。妖しくて生々しくて、静かに怖い、大人の童話のようだった。嫉妬や欲望が人をけものにする過程が、爆発的ではなくじわりじわりとしていて、気がつけば後には戻れない場所まで辿り着いてしまっている状態がすごく怖かった。それと同時に、老いてもなお女は女であることもよーく分かった…しんどいような嬉しいような、でもしんどい。

  • 「人間は、うんざりするほど他人を誤解し、自分も誤解され、死んでいく。誤解と思ってもそこにはひとかけらの真実があるのかもしれないし、やっぱりすべては誤解であるのかもしれない。」

    短篇の名手が誘う六つの幻想譚。と裏表紙にあります。この方はもともと詩人なので言葉の使い方がとても巧妙です。
    幻想というけど人の内面はそもそも幻想でできているように思うので心象風景としてはリアルかも。
    決してわかりやすくはない作風である意味ドロドロとしていますが、はまります。

  • なまめかしくねっとりした空気感に最後まで馴染めず読み終えてしまいました。ってこれタタドの時の感想とまるっきし同じ。詩は好きだけど、小説は表現が直截的に生々しすぎて苦手です。

  • タイトルからして何やら淫靡な響きを持つ幻想的な短編集。非日常的なシーンに意外な小道具や人間模様が交わって官能的でさえある情緒を醸し出す。

  • 妖しくて 静かで いい。

  • 文章が瑞々しく豊かでありながら、官能的な雰囲気を纏う小説。
    一つ一つが、昔話のような、どこか遠い異界の物語のように錯覚する。
    短篇のほとんどが共通するのは、人間の「嫉妬」を盛り込んだ作品。

    私は短篇の中で「つの」がお気に入りです。

    読み応えがあり、世界観にどっぷりと浸かることが出来ました。

  • 2013/05/02
    濃密で官能的な短編集。
    ことば汁というタイトルがとてもよく合っていると思う。
    ピース又吉がオススメなのも納得。

  • ”飾り気がないといえば、わたしほど、心に装飾がない女は少ないと思う。それなりに化粧はする。おしゃれもする。けれど心は、いつも裸だ。裸の心は、傷だらけだが強い。傷つけばさらに強くなっていく。
    だけどそれは、何度も言うように、どこかケモノめいた心なのだ。まだかすかに残っている人間の心が、わたしにサビシイという言葉をはかせる。わたしはさびしい。わたしはむなしい。”(P71)

    ”わたしが眠っているあいだに、深い鍋の中で、この世の現実は、とろとろと煮込まれていく。夢など見ない。わたしが夢そのものだから。”(P240)

    粟立つような女性の薄暗い部分から
    あっち側との境目をゆらゆらするようなお話ばかり6つの短編集。

    詩人であるということがよくわかる
    言葉の選び方や曖昧な空気感。
    不気味さがじわじわにじんでくる感じも
    たまらなく好き。

    生き物をモチーフにしている短編集らしく
    人間味より動物的。

    つのが特によかった。

    表紙もタイトルも良い。
    無駄がない。
    けど一つ一つの話は相当漠然としている。
    こういうものが読みたかった。

    久しぶりに良い作家さんに出会えた。

  • 綺麗な文章に詩的な表現。
    かなり好きな作品。

  • 感光生活がめちゃくちゃよかったので、読んでみた。ことば汁、ことばしる、ほとばしる…かなぁとか思いました。感光生活のほうが好きです。

  • 詩というものは、一言でくくるなら
    「意想外の結合」と云えるんじゃないかと思う。
    言葉は、思いもよらない言葉と手を結んだとき、
    詩として昇華するのだろう。

    本書は、現代をときめく詩人による6つの幻想譚。
    でも、「ことば汁」という作品はない…それにしても、
    この言葉から感じられる、おどろどどろしくも
    なまめかしい感触は、新鮮で魅惑的だ。

    言葉は、記憶を装い、身体に憑依する。
    行儀よく、不規則にならんだ歯の隙間から、
    よだれがだらぁんと、流れ出るような…官能。
    そんな作品群…すごいっ!

    さすが! 小池昌代さんだなぁ!
    著者の詩集は大好きで、繰り返し読んでいるけど、
    こうした短編も味わい深いです…ありふれた日常に
    裂け目ができて、舌を出すような一冊です!

  • はじめて読んだ本のジャンルだなぁとしみじみしてる。
    冒頭は、言葉の選びがとても綺麗でしっかりしてると思ったけど、
    つので完全に持って行かれた。
    耽美な文章が織り成す世界は、ほとんど中毒に近い。

  • 女くさい、という印象がすごく強い本。
    女くささにも二種類あって、白粉や香水の匂いがたつような女くささと、
    もっと獣的で粘膜のようにしつこく、ぬめぬめとした女くささがある。
    この本は後者の女くささ。
    人によっては「なまめかしい」なのかもしれないけど、私にとっては「なまぐさい」。
    安易な美しさで飾るでもなく、ひたすら本能のままを書いているような文体は嫌いではなかったですが、
    すこし文章にくせがあり、人によっては鼻に付くかも。
    好きか嫌いか、自分でもよくわからないけど、なんかすごく印象的な本であることは間違いないです。

  • 日常の中のちょっとしたズレを描いた6つの短編です。
    なにげないふりをして、読む者の胸にいきなりサクッと刃を突き刺すような小説でした。
    〝女房〟という短編以外は、いずれも主人公は、けしてもう若いとはいえない年頃の女性たちです。老い、孤独、欲望・・・・著者の筆によって、主人公たちはふと踏み込んだ非日常の世界で、心の襞を露わにされてしまいます。けれど不快な読後感はありません。それどころか、読み始めたらついつい惹き込まれてしまいます。
    「ことば汁」という書名は、鍋の中の言葉のごった煮というイメージだそうです。思えば人生なんて矛盾だらけ、人の胸の中もコトコト煮込んだごった煮のようなものですネ。

  • 詩人である著者の独特な世界観で描かれる短編6本。現実と夢とが交差するような奇妙なストーリーの中に人間模様を映し出す。

  • おんなのひと恐い。

  • ヴィレッジヴァンガードで、手にとった作品。
    本の帯は「ピース又吉」がコメントしていて、そのコメントと【ことば汁】というどろっとしたタイトルに魅せられて購入。
    6つの物語で構成されていて、どれも人間の欲望や欲求などが、艶めかしく・獣のように書かれている。
    個人的には【女房】と【つの】が好き。

  • 読んでから知ったのだが、筆者は詩人だった。
    どの話も、静かに進んでいるようで、扱われている感情は非常に濃い。あっさりしているようでいて、皮膚に直接迫ってくるような力があった。小説を読んでいるんだけど、自分の夢の中にいるような気分にさせられる。久しぶりに好みの作家に出会った。

    「女房」「つの」「花火」が特に良かった。

  • 詩人でもある著者の短編小説集。不思議なトーンと幻想的な世界を持った作品の数々。設定、語彙、登場人物など喩えようのない独自の世界観。芸人ピース又吉による帯の推薦文をきっかけに読んでみたが思わね収穫。詩も読んでみるつもりだ。

  • このなまなましさ、うかつに手にとったな。

  • 一つのきっかけを元に狂って歪んでゆく物語集。
    妄想の毒々しさがタイトルに現れていると思います。
    「ことば汁」…タイトル買いでした。秀逸なタイトル。

  • 嫌いじゃないけど、読み終わった後になんとも言えない淋しさだけが残る。
    女にとって歳をとることって、ただ辛いだけなの?
    大人のおとぎ話としては、なかなか面白い。

  • 短編の魅力を盛り込んでいると思える1冊でした。

    6篇すべてが現代のおとぎ話とでも言うような幻想譚で、
    想像力をフル稼働して読む感じ。

    女性視点が多く、
    やわらかいような
    なまめかしいような
    なんとも官能的な文体。

    「女房」の話で視点がくるくる変わるのが好みだった。

  • 6つの奇妙な物語

    幻想とリアルが混じっていておもしろい
    幻想じゃないのかも?

    うん、ごちゃまぜ。

    帯が又吉くん♪

全25件中 1 - 25件を表示

ことば汁 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ことば汁 (中公文庫)の作品紹介

モノクロームの日常から、あやしく甘い翔溺の森へ。恋多き詩人に三十年以上仕えてきた女、孤独なカーテン職人が依頼をうけた屋敷の不気味なパーティー、魅入られた者たちがケモノになる瞬間…短篇の名手が誘う六つの幻想譚。

ことば汁 (中公文庫)はこんな本です

ことば汁 (中公文庫)のKindle版

ことば汁 (中公文庫)の単行本

ツイートする