昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)

  • 16人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 読売新聞社
  • 中央公論新社 (2012年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056091

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1~4巻まとめて。

    戦局悪化~終戦直前までの「昭和天皇周辺の歴史書」
    実際にそこにいた人たち(や、そのそばに存在した人たち)から丁寧に取材した内容を元に書かれていることが良く解る、リアリティある内容でした。

    改行少なく、読書なれしてない方には読みづらいかも。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(立花隆選)39
    日本近現代史
    現代史は生資料を読むことで学べ。

全3件中 1 - 3件を表示

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)の作品紹介

「本土にあがって来た敵を一たたきにたたけば、終戦に持って行く動機がつかめる」。決号作戦が発動され二百万人が動員されたが、銃器は十分に配備できず、竹槍や弓までが想定されていた…。本土決戦の内幕、東京ローズの悲劇を生んだ日米宣伝合戦、そしてポツダム宣言の衝撃。

昭和史の天皇 3 - 本土決戦とポツダム宣言 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする