欲ばらないのがちょうどいい (中公文庫)

  • 26人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岸本葉子
  • 中央公論新社 (2012年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056121

欲ばらないのがちょうどいい (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • さらりと読めるエッセイ。
    岸本さんのおっちょこちょいエピソードが微笑ましい。
    アナログ派とのことだけど、物を大切に使っている感じがした。
    歳を重ねるのは恐くもあり、楽しみでもある。

  • 女一人生きていくのに共通点がある…

  • 読み始め…12.3.22
    読み終わり…12.3.26

    歳を重ねるとともに(いえいえ、、重ねてもなお、のことでしょうか...)理想というものには常に欲がつきまとってしまうものですね。

    岸本葉子さんが日頃の生活の中で理想を追い求めてついついと欲を出しては失敗してしまったこと、時代の流れというものになかなか追いついていけずに恥をかいてしまったり、またそういった事を繰り返していく中でも新しい発見をして結果、理想へと近づくことが出来たこと、などなど...。

    何ごともほどほどに。欲張らないのがちょうどいいのですね~。実感です。

  • 図書館で。
    初めて読む作家さんなので軽い所から読むか、と思い借りてみましたがガン闘病の方を読めばよかったかな。

    軽い感じの読み物で特にためになることもなく、ふうん、という感じで読み終わりました。可もなく不可もないという感じです。

  • 日常のささいなことの描写がうまいなあ。岸本さんのエッセイは読みやすくて楽しい。

  • 岸本さんの『エッセイ脳』を拝読したので、本家のエッセイが読みたくなり、タイトルに惹かれて、これを選びました。
    年齢的にも近い(あ、歳がばれる?)せいか、頷くこともあって、楽しく読んでしまいました。
    エッセイは、読む側が不快にならないものがいいのかも、と改めて思います。

全6件中 1 - 6件を表示

欲ばらないのがちょうどいい (中公文庫)の作品紹介

理想を心にもちつつも、欲ばらないのがちょうどいい?もの忘れやほうれい線に戸惑いながらも、お肌もスタイルも、ほどほどで満足?プチ変身やひとり外出を楽しみ、ちょっぴり背伸びをしつつ、それでもパソコンに付箋を貼ってしまうアナログ作家の自問自答を描くユーモアエッセイ。

欲ばらないのがちょうどいい (中公文庫)はこんな本です

欲ばらないのがちょうどいい (中公文庫)のKindle版

ツイートする