日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)

  • 54人登録
  • 4.25評価
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本健一
  • 中央公論新社 (2012年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122056619

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ペリー来航から維新までの18年間を扱っている。時系列に即してまとめられている。また、引用もふんだんに用いられているが、何を言っているか分かるように、簡潔な要約もつけられており、その点は親切である。
    月並みな感想で申し訳ないが、非常に面白かった。

全1件中 1 - 1件を表示

松本健一の作品

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)に関連するまとめ

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)の作品紹介

ペリー来航に始まる幕末の波瀾。欧米各国の圧迫と国家の危機を、人々は英知と戦略で切り抜ける。日本がアジアで唯一近代化に成功したのはなぜか。日本人とは何かを近代国家誕生の過程から描く。

日本の近代1 - 開国・維新 1853~1871 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする