もぐら 醒 (中公文庫)

  • 403人登録
  • 3.36評価
    • (12)
    • (35)
    • (66)
    • (10)
    • (2)
  • 42レビュー
著者 : 矢月秀作
  • 中央公論新社 (2012年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (406ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057043

もぐら 醒 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ1番よいですね。
    それにしても、影野はやりすぎだろ!

  • ネットの世界と現実。
    10年以上前に書かれた作品のらしいけど違和感がない。
    大分いまの技術に合わせて書き変えしたのかなぁ。
    あいかわらずサラッと読める。

  • なんだかストーリーも設定も雑に感じてしまう。

  • 主犯の狙いは面白いんだけど、実際にどう発表するつもりなのか、ってのがずっと気になっていた話。
    犯罪行動はいつものえぐい感じなんだけど、後半の犯罪シーンがスピード感を出すためか、被害者側の描写があっさりしすぎて、ひどいことをしている感が減っているような気がします。
    あと、ネットで煽られて、っていう部分は良いとしても、仮想空間の描写というか、作り上げられている仮想空間がイマイチダサい感じが。(^^;
    変に映像化されるより、文章だけの掲示板の方が煽りやすい気がするんだけどなぁ。

  • 28/7/3

  • こんな終わり方は嫌だぁ。
    どうしてツメが甘いんだろう。犠牲が多すぎるしツッコミどころ満載なのにどうしても気になるのでやめられません。

  • 今回はフレンジーフェロウズというネットゲームを媒介として、殺人事件が発生する。
    時代を感じるなぁと思いながらも、こんな風に人間を動かすことが出来るものかと興味深く読み進めました。

    守るものがあるからこそ、守りたいという強い気持ちがあるからこそ、強くなれるのであると、自分を見てくれていないと思っていた父親から言われ、自分自身を見直すきっかけとするって場面は、子供とのコミュニケーションの難しさを感じるとともに成長の過程で自然と伝わるものなのかなぁと楽観してしまいそうになる。
    が、きちんと伝えるということも必要だし、伝えるためにはきちんと見ないといけないな。

    話はそれましたが、前作ほどのスケール感はないが、人間の持つ表と裏の心理をうまく描写されていて面白かった。
    ただ、相変わらず人が簡単に、たくさん死ぬなぁ。日本じゃないみたい。
    でも読んでしまうんだなぁ。
    次作を手にしながらコメント書いてます。

  • 感想、特に無し!!

  • シリーズ4冊目
    痛快エンターテイメント

    あまりストーリー性は感じないが、読みやすく一気読みできる作品だ。人がやたら死ぬが、影野の近くの人間は変わらないせいか、全体が単調になっていると思う。
    でもきっと、新たな展開になれば感動すると思うので、読み続けていこうと思う。

  • どこかで読んだような話ではあるが、とにかく竜司の活躍から目が話せない。

全42件中 1 - 10件を表示

矢月秀作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

もぐら 醒 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

もぐら 醒 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もぐら 醒 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もぐら 醒 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

もぐら 醒 (中公文庫)のKindle版

ツイートする