SOSの猿 (中公文庫)

  • 7116人登録
  • 3.02評価
    • (105)
    • (531)
    • (1053)
    • (469)
    • (111)
  • 653レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 中央公論新社 (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057173

SOSの猿 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私が名づけて、伊坂さんの「語り手が超偉そう小説」の一つ。人や場面があまりに語り手によってぽんと時空を飛び越えて展開するもんだから、ちょっとイラッとする。なにかの漫画と絡めて作っている本なのかもしれないけれど、これだけ読むと謎の孫悟空が現れて意味がよく分からなかった。特に五十嵐さんの回。
    救いは、最後が伏線回収されて良い話で終わったこと。

  • とりあえずジャケ買い。ちょっと読了感が物足りない、のは作品のせい、ではなく自分の力不足かなと思う。

  • 最初は二つの話があまりにバラバラで、どうなるのかと予想もつかなかったが、まさかああいう展開になるとは!個人的に西遊記が好きなので、その方面からも楽しめた。
    五十嵐大介さんの『SARU』というマンガと対になるらしいので、そちらも読んでみたい。

  • 副業エクソシスト、困った人を放っておけない二郎君が語る「私の話」と、株の誤操作について調べる五十嵐さんが主人公の「猿の話」、一見全く関係ないそれぞれのストーリ-がどこかしらの時点で融合するというのは珍しい構成ではありませんが、交互に語られることで同時進行だと思わされていたそれぞれのストーリーが実は微妙に時間軸をずらしてあって、いわゆる「叙述トリック」の一種が仕掛けられてるところが構成としてはミソと思われます。

    とはいえ別にものすごく目新しい手法というわけではないし(同じ作者ならアヒルと鴨~ほどのどんでん返し感は全くなかった)、勘の良い読者なら、結構早い段階でそのトリックに気づいてしまうと思う。もちろん作者がそのための伏線を張っているからではあるだろうけど、語り手の猿が誰か、結構すぐ予想ついちゃったし。総じて、構成的には、伊坂幸太郎のわりに物足りない・・・って印象。

    あえてわかりやすくしてあるのかもしれないけど、最後のほうの、あからさまな漫画への伏線とか、個人的にはちょっと興醒めしちゃったり。まあ最初から、漫画とコラボで始まった企画だそうなので、それは仕方ないのかなあ。小説は小説で独立して読んでも、一応の解決は得られるのだけれど、この小説バージョンのユング的解決と裏腹に、漫画のほうでは眞人君は実際に違う世界と行き来して本当に戦ってる的な展開なのだろうなというのも予想がつくし。

    とはいえ、個々の部分はやはり伊坂幸太郎らしい(?)示唆や哲学に満ちていて、はっとするような台詞や、心あたたまるエピソード、共感できるキャラクターなんかはすごく良かったです。特筆すべきは、これまでの伊坂作品ではあまりクローズアップされてこなかった(と思うけど、どうだろ)おばさんキャラ=母世代のキャラクターの魅力が突出してること。二郎君のお母さんも、辺見のおばさんも、雁子さんも、特別な能力は何も持たないけれど、あの年齢特有の達観した図太さとおおらかさがあって、すごく癒されたなあ。とくに二郎君のお母さんはすごい人だと思いました。

    あと余談ですが、フロイトが何でもかんでも性的なことに結びつけるのは私も嫌いです(笑)。すごく昔に読んだのでうろ覚えだけど、10歳未満の女の子が見た夢に「伸び縮みする」何かが出てきたときに、即「ペ○スの象徴」とか分析しちゃうくだりがあって、
    少なくとも自分がそんな年齢のときは、それが「伸び縮みする」という認識すらなかったわい、ええかげんにせえよおっさん、と思った記憶があります(笑)。やっぱユングのほうがいくらか信用できると思う。

  • 『救急車って、どこに行くの』
    『どこかでね、誰かが、痛い痛い、って泣いているんだよ。だから、助けに行くんだよ』

    『お客様か。大歓迎だね。好きなだけ買っていってくれ。何を買いに来た? 避妊具か? 避妊具か? それとも、ほら、あれだ、避妊具か?』

    『自己顕示欲、名誉欲、嫉妬、孤独、そういったものは結局、突き詰めれば、一言で表せる』
    『一言で』
    『「僕を見て」と』

    『先ほど、わたしは、人には、「僕を見てくれ」という欲求があると言ったが、それともつながるかもしれないね』
    『どういうことですか』
    『SOSを発信している人は、やはり、その信号を聞いてもらいたいんだ』
    『どういうことですか』
    『二郎は、SOSを発している人間を救えないと嘆いているが、そうではなく、キャッチしてるだけでも充分、救いになっている。そうは思わないか』

    『では、親はどうすればいいんでしょう』
    『「子供のことが分からないけど、分かりたい」そう思ってるくらいがちょうどいいんじゃないか』

    『人っていうのはやっぱり、言葉にして伝えないと相手には気持ちを理解されないんです。だけど、言葉にするのを省いて、うまくコミュニケーションが取れないと、「どうして分かってくれないのか」と腹が立ったり、「きっと相手は自分をこう思ってるのだ」と勝手に先回りして、怒ったりして、結局、雪だるま式に関係は悪くなっていくんです』
    『それ、悪魔祓いの基本書とかに載ってるの?』
    『いえ、離婚調停の本に載ってました』

    『音楽は最初の一滴。それが波紋をつくる。波紋が波紋を生んでいく。やがて、大きな波となる。波は大気を揺らし、星を覆い、そして、目に見えぬ、約束に届く』

    『物語は、時々、人を救うんだから』

    『鴈子さんは、眞人は感受性が強いのよ、と言い、「鶏の肉はおいしいね」とあまり感受性を感じさせない言葉を吐いて、唐揚げを食べた。』

    『でもさ、いつか絵、描いたら見せてね』
    『絵の何たるかも知らないくせに』
    『わたし、二郎の絵、好きだから』

    『子供ってのはいろいろ考え込むもんだからね、思春期は特に、哲学の季節だよ』

    『そうですね、まずは隠れたほうが』
    『こういう時はね ー 堂々としているほうがどうにかなるんだって』

    『どこかで誰かが泣いているんです。僕たちは、誰かのSOSを耳にしたんです。』

    『あのね、母親ってのは、夢の中で息子が困ってるなら、その夢の中にも飛び込んでいきたいものなのよ』

    『エアコンは、誰かを救う。分かりやすくていいだろ。それを僕は売る』

    『エアコンの機能が、誰かの生活の苦しみから解放する。いいことではないか。やれることをやるほかない。』

  • 伊坂幸太郎ぅー。これは少しガッカリでしたが、あとがきにみんなからの反応が悪かったと書いてあり、なるほど私だけじゃなかったのね。と、思った一冊。

    いろんな伏線が張り巡らされているのにも関わらず、あんまり綺麗に回収されてないような。。。

    片付いてないままに曖昧に終わった感あり。。。

    読んでて少しガッカリしたラストでした(ー ー;)

    いつもとっても上手に伏線回収して終わるので、とっちらかったまま終わらせられた感莫大で、どうもこうも落ち着かないオチでしたとさ。

  • いやいや、面白かったです。
    もっと孫悟空かと思っていたのですが、それほど猿の濃度は高くなかったような気がします。

    デビュー当時の伊坂幸太郎は村上春樹の二番煎じみたいな言われ方もされていましたが、村上春樹がよくわからない私は、伊坂幸太郎の方が読みやすくてわかりやすくて、全然違うと思ったものです。

    作者本人が『ゴールデンスランバー』をもって自身の第一期の終了と言っていますが、その後に続く第二期は、第一期ほどには売れていないというか、ファンの評価があまり高くないようです。
    私には、伊坂幸太郎が書きたい世界はそんなに変わっているようには思えません。
    ただ、以前は彼の独自の世界が厳然とあって、それは私たちの世界とは無縁のところにあったような気がします。これは村上春樹にも言えるというか、村上春樹の方が先ですね。
    今は、突拍子もない設定の小説であれ、彼の書く世界は私たちの世界に少し近づいてきているような気がします。

    それが、嫌だと思う人もいるでしょう。
    特に見たくなかったり考えたくなかったりした物のそばに、伊坂幸太郎の世界が来ちゃった場合は。
    第一期にあった読後のカタルシスが、簡単には感じられなくなったということはあると思います。
    でも、丁寧に読めば読んだだけのものをきちんと返してくれるのが、プロの作家伊坂幸太郎の力であり、醍醐味だと思っているんですよね。

    簡単に読めて楽しめるものから、少し考えて感じて楽しむものへ。
    伊坂幸太郎がそのようにシフトチェンジをしたのなら、私はファンとしてついていこう、と思っているの。

    でもってこの作品。
    突き付けられた問いに答えるのは、やはり難しい。
    暴力は善なのか、悪なのか。
    暴力が善とは思わないけど、話してわからない相手に理解させるときに暴力は有効だ。
    おしりぺんぺん、とか。

    けれども、話せばもしかしたら膨大な時間の果てに分かり合えるかもしれない相手に、手っ取り早くわからせようと暴力をふるうのはやっぱり嫌だな。
    ふるわれるのはもっと嫌だし。

    理解しあえるのは幸いだと思う。
    けれど、理解しあえない相手は敵なの?
    世の中には敵と味方しかいないの?
    善か悪かしかないの?

    悪を取り除いて善だけになろうとする思想と、悪も善もそこにあるものとして受け入れる思想。

    わかった気になって理解する努力をやめたとき、そこに断絶が生まれる。
    親子関係であれ物事の真理であれ。
    だから理解しようとし続ける。
    それが私には心地よい。

  • 覚え書き

    何のために歌うのか?
    「空からでっかい石を運んでくるわけ。聴いてる人の胸にその隕石をぶつけるの。」
    「隕石ってのは『遠くから降ってくる大事な感覚』のたとえだよ」
    「わたしたちの歌を聴いて、こう言ったんだ。『音楽は最初の一滴。それが波紋をつくる。波紋が波紋を生んでいく。やがて大きな波となる。波は大気を揺らし、星を覆い』とね」
    「『そして、目に見えぬ、約束に届く』って。」

    自分では言い表せなかった気持ち。心に響く本、音楽に出会った時に感じていたことに近い言葉を見つけた。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    三百億円の損害を出した株の誤発注事件を調べる男と、ひきこもりを悪魔秡いで治そうとする男。奮闘する二人の男のあいだを孫悟空が自在に飛び回り、問いを投げかける。「本当に悪いのは誰?」はてさて、答えを知るのは猿か悪魔か?そもそも答えは存在するの?面白くて考えさせられる、伊坂エンターテインメントの集大成。

    ああもう、いちいち思い知らされることが多すぎ(笑

    「人の中には善悪両方ある」
    「すべての結果には原因がある」
    「その原因にもまた原因がある」
    「暴力はいつでも悪いことなのかな?」

    途中から、引きこもりをどうやって治すのか?
    が気になって読み進めておりました。

    結論としては、辺見のお姉さんの変わりっぷりが、引きこもりを治す秘訣なのかな、と。

    ちょっと話があちこち行ってしまうので、
    よく分からなくなる部分あり、
    あーこれはここに繋がるんだ!と膝を打ちたくなる部分あり、
    いろんな感想を持てる作品。

    それにしても、株の誤発注で打ち間違いを思い出すシーン、リアルすぎるΣ(||゚Д゚)
    日頃システムで端末相手にしていると、背筋が寒くなりますよΣ(||゚Д゚)

    作者はなぜこんなにもリアルに表現できるんだろう(´・ω・`)
    経験あるのかな?
    それともこれが「作家」の力量?

    「純文学」を読んだ後なのでするする爽快に読めました(苦笑)。

    読みたいと思って挫折してる「西遊記」、
    もう一度手に取ってみようかな。

  • 久々に悪の濃度がめちゃくちゃ濃くて読むのに時間かかった。もしかしたら全部夢かもしれないね

全653件中 1 - 10件を表示

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

SOSの猿 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

SOSの猿 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

SOSの猿 (中公文庫)のKindle版

SOSの猿 (中公文庫)の単行本

ツイートする