牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

  • 460人登録
  • 3.38評価
    • (10)
    • (56)
    • (73)
    • (15)
    • (1)
  • 45レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2012年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズものの良さは、シリーズを通しての時間の進行からの、人間関係の変化や個人の成長だと思っている。

    さらには、シリーズ通しての謎などが盛り込まれると、なおのめり込むことができる。

    ※だから、永遠に●●歳な、ドラえもん的なシリーズものは、どうかと思ってみたり……。

    その点でも!この「失踪課」のシリーズが好きなんだよなぁ……。

    さて、本作。

    いよいよ動き出した“高城の事情”から目が離せなくなった。高校球児の捜索など、おまけのおまけ……。

    悲劇に直面してしまった主人公が、それをどう乗り越え、解決していくのか、次作を買うのが楽しみで仕方がない!!

    ★4つ、7ポイント半。
    2015.02.10.了。

  • 交番勤務の21歳の警察官が拳銃を携帯したまま失踪する。
    法月が所属する警務課をはじめ、失踪課も高城を除くメンバーが行方不明の警察官の捜索に動き出す。
    一方高城は、プロ野球のドラフト会議で一位指名を受けた高校球児の失踪届が出されたことからその行方を追う。
    ふたつの失踪事件は真逆の解決をみる。
    警察官は自ら命を断ち、高校球児は自らの意志で戻って来る。
    事件は解決したものの、高城の心はすっきりとしない。
    雑とまでは言わないけれども、ずいぶんとご都合主義のような物語の展開で驚いた。
    未成年者、ましたメディアにも取り上げられるような有名高校生が手術をするのに両親の同意書がないのはどうなのだろうか。
    優秀な医師であれば余計に事の重大さはわかっているように思うのだけれど。
    何も知らされていない両親は、当然心配するだろう。
    失踪届を出すのも当たり前で、両親の動揺や心配、精神的なダメージを目の当たりにしても平然と無関係なフリをしていられるのは、いったい何故だろう。
    生徒にたいする責任はどこにいったのか。
    結局、どんなに言葉を飾っても自己保身が一番大切だったというようにしか感じられない。
    すべてのしわ寄せは生徒自身にいくことになるだろう。
    契約違反に問われても、練習に参加できないような事態が続いても、辛い思いをするのは生徒自身だ。

    高城ではないけれど、読み終わった後にすっきりとしない思いが残る。
    シリーズが続けば中には少し合わない物語も出てくるのは仕方のないことかもしれない。
    それでも、大好きで追いかけているシリーズなだけに残念な思いがした。

  • 失踪課、今回の事案は、プロ野球ドラフト一位指名の高校生スーパースターの失踪。
    家族にも、野球部にも、指名した球団にも告げず、突然行方をくらました。何があったのか、野球賭博事件も浮上し、その行方が気になるが、結果は・・・。
    いつもなら妄想として、捜査を助言すべく、失踪した娘の綾奈が、高城の前に出現するのだが、今回は無し。
    どうしたかと思っていたら、ラストの一行!
    続けて第9弾を読まないわけにはいかない。

  • 失踪人捜査課・高城シリーズ。甲子園のヒーローがプロ入直前に失踪。同時に若い警察官も拳銃を持って失踪…
    ブックレビューの評価がかなり悪かったものの、面白くは読めました。ただし、面白く引っ張った伏線はまったくの無関係。関係があったら面白かったけど、あまりにも無関係で、ある意味リアリティがあるのかもしれません。その伏線が生きなかったお詫びなのか、異様なラストで終わります。白骨死体は綾菜だったのか…? 次作で完結かな?

  • このシリーズの他の本が本棚に入っていないということは
    この前の話を読んだのは3年以上前ということになる。
    …細かい部分を忘れてるわけだ(汗)。
    法月さんはたまに出てくるから気にならないけど
    読み始めは六条さんがいないことに若干の違和感。
    すぐに平気になったけど。

    高城さんの娘の綾奈ちゃんの件、ドラフト1位の高校球児の件、
    そして交番勤務の巡査の件がそれぞれ並行してて
    更に野球賭博と八百長疑惑、隠れて付き合ってた彼女と
    いろいろ詰め込み過ぎてたいへんなことになってた印象。
    例えば、最初に出てきた富津の案件と高校球児が絡むとか
    綾奈ちゃんの件と巡査の件が絡むとか
    もっといろいろ交錯するのかと思ってたんだけど。
    主軸はドラフト1位の花井くんの件だと思うのでそこはぶれてないものの
    他に張り巡らされた伏線が回収されないまま消えちゃったというか
    なんかいろいろ考えすぎて足元掬われた感じがした。

    花井くんの件に関しては、全力で膝カックン喰らったような
    思わず笑ってしまう脱力感が残る結末で
    結果的に誰も傷つかない形に落ち着きそうなのでよかったと思うんだけど
    最後の1行でまた奈落に突き落とされたような気がする。
    回収されなかった伏線はわざとなのか???
    そしてそろそろシリーズの完結も近いのかな、という予感がする。

    重ねて書くが最後の1行にはしてやられた。あれは反則だよー。
    続刊が来月くらいには出るらしいが、それまで待てない人も多いと思うぞ。
    …ぶっちゃけここにも待てない人がひとりいる(爆)。

  • 警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ第8作。

    ドラフト1位指名の高校球児が失踪。同じころ、拳銃を所持した若手警察官の行方もわからなくなる。

    高城警部が失踪課に配属されてから5年の月日が流れた。身元不明の若い女性の遺体が発見されると、愛娘かどうかを確認しに出向く――アルコールに頼ることなく真剣に娘の行方を捜す高城の姿がせつない。

  • 続きが気になる。
    新しい失踪課も何とか動き出したかんじ。

  • シリーズでなかったら、途中で投げ出してたかも…。

  • ドラフト一位の高校生が失踪。
    誘拐?自発的?
    相変わらずおもしろかった。

  • いつもの失踪課シリーズに、もう一つの得意分野であるスポーツものの要素が加わった作品。
    結末はほぼ想像通りでしたが、高城刑事の独りよがり的な苦悩と、それを支える周りのメンバーが織りなすドラマは、安定したリーダビリティです。
    ラストの思わせ振りな一文は、次作の沈重さを想起させるので、読むのを躊躇わせるネガティブパワーに溢れています。

  • ドラフト一位の高校球児が失踪。
    親や監督にも何も告げていなかった。
    なかなか手がかりが掴めず、捜査は難航した。
    結果は思ったより呆気ないものだったが、終わり方が…

    2014.2.9

  • 行方不明になった野球界の期待の新人捜してたら死んだ娘が焼けた家の床下から出てきた話。
    長い。テンポも悪い。ラストも、えぇ?そこで終わるの?という終わり方。

  • 高城シリーズ いつ読んでも面白い

  • 高城シリーズは母のおすすめということで読んでみた。
    色んな失踪者が出る中で最後に全て伏線回収して繋がるのかなーと期待してたら全く関係ないという、、、え?という感じ。
    終わり方が次回が楽しみな感じだけど、物語としては拍子抜けでした。残念。

  • 高城賢吾シリーズの第8弾

    高校野球で活躍し、ドラフトでも指名された高校生が失踪したんだけど、結局、事件でも事故でもなく…
    終わってみれば「えっ?」ってカンジだし、多分、フツウの高校生ではこんなことないだろうなぁ。

    高校野球で活躍した選手だから起こりうる失踪なんじゃないかと。
    高校野球って日本ではかなり特殊な(異常な?)世界だから、こういうこともあるかもなぁ。と思ったり。

    ドラフトで指名されると周りにもいろいろ変化があって、本人の意思とは違った方向へ向かったりとかしちゃうんだろうなぁ。

    高城の娘の失踪にも大きな展開があったみたいで…ラストの1行で何かわかったような。
    このシリーズも終盤に向かってるようです。

  • なかなかシリーズとして、事態も進行を予感させ、事件も手慣れた感じで良かった。

  • ついに綾奈が見つかった。
    想像通りの結果か、いや違う結果が欲しかった。
    自分としてはまだ悩むところ。
    本筋はある程度途中で読めてしまったけど、最後まで読み進められたのは高城と綾奈の伏線があって気になったからかな。
    いや、案外こっちが本筋だったりして。

  • 警視庁失踪課・高城賢吾シリーズの第8弾。
    プロ野球への入団を直前に控えて姿を消した高校球児。
    前作よりも登場人物にハリが見られた。

    しかし…
    最後の暗転。
    怖くて続刊に手を出せるかな。

  • こういうシリーズものって、もうやめようかなと思っても、なんとなくやめられない。
    そしてズルズルと読んでいるうちに、気付けば最後の一行で、また続きを読まざるを得ないはめに…。
    こうなったら、最後まで付き合うしかない。
    でも今回の内容、高校生の失踪の話は、あまり面白くなかった。

  • このシリーズはドラマで観る方が、人間関係など面白いと思います。
    この著者の本は他のシリーズも読みましたが、本の厚みに比べて内容が薄い。文章は必要のないものや繰り返しが多く、しつこさを感じます。
    それでも読むのは、主人公高城の娘の失踪が気になるから。

    この巻では冒頭から殺人事件が起こり、ドラフト一位の高校球児や拳銃を持ったままの警察官の失踪へと続くのですが、内二つの事件はあまり重要ではなく、ページを増やすのに使われたかのような印象すら受けます。
    ただ最後になって次の巻へ興味をつなぐような記述があり、それで星二つにしました。

  • 失踪課シリーズ第8作。
    妙に薄味だなと思っていたら、とんでもない展開が・・・。
    次作に続く。

  • 最後の一行が…。
    DNA鑑定の結果を受けての涙?
    次作が気になる。

  • 最後のページで今までの中身が吹っ飛んだ・・・(笑)。
    それはそれとして、警官の失踪は、そのまま放置ですか?
    次に何かあるのかな?

  • #読了。高城賢吾シリーズ第8弾。ドラフトで1位指名された高校球児と、拳銃を携帯したままの警察官が失踪。次回作への伏線なのか、それともこのまま流れるのかが分からないが、何を結び付けたいのかがまだ見えず。ラストはなんとなく・・・次作に期待。

全45件中 1 - 25件を表示

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

牽制 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)のKindle版

ツイートする