闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

  • 489人登録
  • 3.63評価
    • (19)
    • (74)
    • (59)
    • (7)
    • (2)
  • 51レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2013年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057661

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 前作の「牽制」で描かれた警察官の失踪事件。
    自殺の理由も謎のままで、遺書も謎めいた短い文のみだった。
    えらく中途半端な描き方で、「牽制」のストーリー展開に必要だったのか?という疑問さえあった。
    まさかこの「闇夜」にエピソードが繋がってくるとは!
    思いもよらない展開に驚き、堂場さんの伏線の巧妙さに感心した。
    綾奈と同じ年代の少女が犠牲者となったことで、高城の中にも犯人に対する強い気持ちが生まれる。
    先へ進むための原動力に悲劇的な事件がなってしまったのは哀しいけれど、高城にとってはまた一歩前に進むことが出来たのではないだろうか。
    それにしても、田口の持っている「運」は何だろう。
    ここぞというときに当りくじを引いてくるような、持ってうまれたものかもしれないけれど・・・。
    失踪課の戦力としては普段はあまり使えない田口だけれど、その分「運」を使って貢献している?と考えると何だか面白い。

    捜査本部で捜査員たちを前に話す高城の姿は、切なくて胸が熱くなった。
    犯人を捕まえたい!
    もう犠牲者は出したくない!
    その場にいた捜査官は、きっと全員が同じ思いをより強くしたことだろう。
    被害にあった我が子は守りたい。
    もうこれ以上傷つけたくはない。
    そんな親の気持ちと、犯人を捕まえたいという警察側の気持ち。
    どちらも正しくて、だからどちらも譲ることが出来ない。
    犯罪被害者家族の辛さは、その立場にならなければきっと誰にも理解できない。
    高城をや同じ被害者家族だからこそ通じる何かが、被害にあった少女たちの両親の心を動かせたのだと思う。

    綾奈の命を奪った犯人は誰なのか。
    いよいよ事件の核心に迫る次作の「献心」。
    楽しみにしている。

  • 読み進めるほどに、今後の展開が気になる失踪課シリーズ。
    失踪課の仕事に徐々にやりがいを見出していたが、娘綾奈と悲劇の再会をし、再び酒浸りの生活に戻った高城。
    そんな高城を、仕事に駆り出して立ち直らせようと画策する失踪課の面々。
    そして今度は、愛美に悲劇が襲いかかる。もう、彼女とは相棒を組めないのか、そんな危惧をいだきながらも、娘が遭遇したのと同じような事件の捜査に、高城はまい進する。
    この事件が解決したら、いよいよ綾奈の事件と向き合う覚悟を強いられる高城。
    このシリーズも、最終話へ・・・

  • 娘をもつ身には、辛い事件が題材となった。
    このシリーズは、メインテーマからして“そう”ではあるけれど(笑)。

    無慈悲なまでに唐突に訪れた、ヒロインの悲劇には心が痛むところだが……

    “高城の事情”が、さらに一歩踏み込まれた点、次作(次が最終?)への期待値が急上昇。

    堂場瞬一に外れなし、無事更新♪

    ★4つ、8ポイント。
    2015.03.29.古。

  • 女児に対する暴行、殺人。
    現実はもちろん、たとえフィクションであっても怒りを感じますし、
    読むのもいやになります。
    高城も娘の事件のことがあるので、相当感情が入った捜査をするのです
    が、その熱がまったく伝わってこないのです。
    事件に関する嫌悪も起こらない。
    娘綾奈のことがあって、この事件というできすぎ感がそうさせるのだと
    思います。高城の捜査が見当違いの方へいっているのも、結果が出る前
    に違うということが分かってしまう。
    犯人の設定もひどい。そこからもってくるか? と納得がいきませんでした。うまく引っかけられたのなら、やられたと思うのですが、以前語って
    放ったらかしになってたところ。こういうのは伏線とは言わないでしょう。
    綾奈の事件に高城がどう向き合うのか、一体何があったのか。
    それだけが知りたくて読んでいます。

  • 高城賢吾シリーズも第9弾まで来たか(しみじみ)。
    そういえばタイトルを『やみよ』と読んでたよ。『あんや』だったのね。

    綾奈ちゃんの件はいきなり結果が出ていて驚いた。
    『牽制』のラスト1行を正確に読み取れなかったのが今となっては悔しい。
    シリーズ開始の頃のやさぐれ状態に戻っちゃった高城さんの尻を叩いて檄を飛ばす
    明神さんにもまた岐路が訪れるという辺り
    終わりが見えてきた感じがして何となく寂しくなる。

    今回の犯人はこれまでの失踪課シリーズには類を見ない残虐さ。
    しかも無自覚というか暖簾に腕押しというか、見ててイライラするような奴だった。
    この犯人が『牽制』で投げっ放しだった伏線のひとつに繋がってくる。
    前作の尻尾を引き摺る展開なのは、失踪課シリーズにしては珍しいかも。

    最後にして最大の仕事を残して今回の話は終わる。
    高城さんや明神さん、失踪課の未来はどうなるのか。
    果たして犯人は捕まるのか。
    気になる。
    今回の事件の捜査過程で寺井が絡んでたことが浮かんできたことで
    綾奈ちゃんをあんな目に遭わせたのは寺井なんじゃ、
    とちらっと思ったりもしたけど、まぁそんなわけないわな。

    話の途中で大友鉄が(電話でだけど)登場して若干小躍り(笑)。
    たまにこういうクロスオーバーがあるから堂場作品はやめられない。

  • 警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ第9作。

    再び酒浸りになった高城警部だが、7才の女の子が行方不明になったことを知って、執念の捜索を開始する。

    まわりとの軋轢をものともせず犯人を追いつめていく高城。そんな彼を理解する失踪課メンバーのさりげない優しさが随所に光る。前作の動機不明の事件が関わってきたのにはびっくり。

  • 行方不明の娘を持つ失踪課刑事、高城賢吾。
    最悪の結果に終わったが新展開。
    酒に逃げるのはわかる。逃げ切れないのもわかる。
    ただ、娘の事件解決へ踏み出したわけではない。まだもう少しかかるのだろう。

  • 高城賢吾シリーズ第9弾
    新たな1歩へ。
    面白かった。

  • 最終章に向けての助走という感じ。
    なかなか良かったです。

  • 悲しい事件だったけれど、高城さんが生き生きしていく姿は本当に気持ちがよい。

    そして堂場さんの本の醍醐味は、他のシリーズの登場人物が出てきたりするところ。今回ももれなく楽しめました。

  • 高城の自虐性と有能さのアンバランス加減と、それを厳しく支える部下の愛美との関係が、このシリーズの一番の魅力かな。
    いつの間にか醍醐も立派になってきたし、上司の真弓も有能さと気配りを見せるようになってきた。ここまでチームとして成熟してきたからには、シリーズも終わりが近いんだろうな。
    願わくは、高城が真の生きる目的を得ますように。

  • シリーズの最後の方みたいですが、これだけ読んでも違和感はなかったです

    自分の娘を殺され、酒浸りになった高城賢吾警部が、幼女誘拐殺人事件の犯人を執拗に追っていくというお話です

    幼女誘拐殺人という悲惨な事件ですが、読んでいるのが辛くなるような内容ではなく、高城警部の悲しみや悔しさが伝わってくるような作品でした

    警察物としてはとても読みやすいと思います

  • 女児殺害事件の話。読んでいるときに今市市の女児殺害事件の犯人が見付かり虚構と現実が入り混じった気分だった。作中で主人公の相棒の母親が死ぬなど救いがない。

  • 主人公 高城賢吾の人生が投射された小説
    アンフェアシリーズの雪平が自分の心情を
    語るようなイメージです

  • 今回の捜査は幼女誘拐事件から始まる。
    刑事 高城は仲間に引っ張られ、捜査に参加。
    自分がしなければならないことを考えながら、犯人を追う。
    その結末やいかに!

    2014.2.14

  • しまった
    一冊飛ばして読んでしまった
    シリーズ物は番号をふってほしいなぁ

    最近、子供の連れ去りが多い
    このタイミングで少女の連れ去りと殺害事件ものって
    この犯人には極刑でもあまりある

    高城さんが事件に向き合っていけますように

  • 牽制からの続編。
    人間くさい面々が、幼女暴行殺人犯を追う話。
    長い。

  • 高城賢吾シリーズの第9弾
    このシリーズも佳境に入ったみたいで、次作で終わりのようです。

    高城の娘が白骨遺体で見つかり、酒浸りの毎日を送っていたんですが、ある少女の失踪事件をきっかけに現場に復帰。

    でも、私情入りまくりでかなり暴走してて、ちょっと違和感ありました。
    まぁ、でも、その暴走が最終的には事件解決と別の犯罪を浮き彫りにできたから、結果オーライなのかな。

    それに今まではかなり女々しいおじさんのイメージだった高城が今回は刑事らしさを取り戻して、それによって失踪課のメンバーもちょっとはまとまりつつあるような。

    でも、今回の事件の内容は読んでてツラかったなぁ。
    子供に関する事件は小説の中とは言え、やりきれない思いが湧き出てきて、しんどかったです。

    余談ですが、堂場さんの別の作品「アナザーフェイス」の大友鉄が登場して、ちょっとビックリ!
    原作は読んだことないんだけど、ドラマを観てたので、仲村トオルが思い浮かんできました^^;
    「アナザーフェイス」の原作も読んでみようかな。

    ラストがどういう展開になるのか…スッキリした終わり方してくれるといいなぁ。

  • なかなか良かった。前半は高城の絶望と暴走から始まり、人間関係が変わってきたのが感じられた。なかなかいい感じになってきた。最後に向けてどうなるのか楽しみです。あと一冊です。

  • シリーズものだったようで、途中から読んだらキャラクターがまったくピンとこなかった...
    最初から読み直します

  • シリーズ9弾。
    酒に溺れることで逃げる高城と、
    彼に厳しく接してくる仲間。
    立ち直るように厳しく当たるのだろうが、
    かなり強引だな、と感じた。

    作品自体はあまりクオリティは高いものではなく、
    シリーズを読み続けてきた読者としては
    それぞれにしっかりとした落とし処を描いてもらいたい。
    全てハッピーエンドでなくてもいいから。
    それぞれの

  • 今回はちょっと期待はずれ。
    高城のキャラ設定というか、暴走というか、全く共感出来ず読み切るのがきつかった。
    こういうキャラ、たまに堂場さんの小説で出てきますが、ことごとく外している気がする。でも、やりたいんだろうなー。
    個人的にはやはりスポーツ物かなー、堂場さんは。

  • 前作の一つの事件がここにつながっていたのか。
    今回の高城さんは、かなり暴走ぎみ。
    そして、今回の事件は、親の立場から見ると、結構きついです。途中で、うわー! って感じで、放り出しそうになり、とにかく猛スピードで最後まで読みきった。

  • このことがここにつながって来るのか...
    って思いながら結末に向かってく感じね。
    内容は子を持つ親としてはかなりつらいけど
    高城と綾奈の問題を解決するには必要な過程ではある。
    読み終わった後、どっと疲れる。
    解決しても爽快ではない。

全51件中 1 - 25件を表示

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)の作品紹介

娘・綾奈と悲劇の再会からふたたび酒浸りの生活に戻り、無断欠勤を続けていた高城。失踪した七歳の少女の捜索に引きずり出されるが、少女は絞殺体で見つかり、事件の担当は失踪課から捜査一課に移ってしまう。娘を失った両親に自身を重ねた高城は犯人を捜し出すことを誓い、わずかな証言を元に執念の捜査を続けるが…。

闇夜 - 警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)のKindle版

ツイートする