ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)

  • 687人登録
  • 4.04評価
    • (66)
    • (77)
    • (46)
    • (6)
    • (0)
  • 57レビュー
著者 : 森博嗣
  • 中央公論新社 (2013年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057777

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 森博嗣は読もう読もうと考えていたが、なかなかてを出せなかった作家。それはタイトルと装丁か小難しそうで読了に時間がかかりそうと踏んだからだ。
    間違いだった!
    この本は非常に面白く1日で読み終えてしまった。
    ひとりの少年の成長を時代劇の形で追っていくのだが、「強さ」「死」「無」などに答えを見出そうと苦悶する主人公ゼンの心の内がテーマになっている。
    テンポがよく、行間の余裕も素晴らしく、この作家の力量を感じた。代表作のミステリーも読んでみたくなった。

  • 主人公は侍で時代は昔の話だが、全然森博嗣していた
    技術とチカラを会得している主人公が、何にでも疑問をいだき理詰めで解釈を試みる
    その過程、その純粋さを楽しむ小説だ
    無があって理がある、よく分からないが透明な読後感は相変わらずで、ちょっと女関係とかライトな所があったりするのはご愛嬌

  • 侍が追い求める「強さ」を通して生きるということを教えてくれる本。

    森博嗣の人生観が凝縮されている感じ。
    つまりは、修行僧のような侍が理想形ということか?!

    限りなく合理的に考えて、何事にも執着せず物事を抽象的を捉える。
    結局、ヒトなんて、人生なんて・・・と考えるが、死ねば何もない。
    生きている間を生きる。

    生きるとはつまり「知る」ことなのだが、
    最期は「分かりません」が神様への答えになる。

  • 興味深かった。ゼンは一人禅問答をしているよーな、哲学してるよーな。ゼンは禅なのかな。次巻も楽しみ。文庫になるの待ち切れるかな。

  • 侍ポエム。
    表紙のデザインは素晴らしい。

  • 文庫版が出たので購入、森博嗣の『ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper』

    理系ミステリー作家と言われる森博嗣の新しい物語は、なんと【時代小説】だった!!
    ・・・て驚きがあるんだけど、やっと文庫版が出て来てくれた。(単行本でははや3巻が刊行されている。)

    『スカイ・クロラ』のときのような静けさが漂っている。
    師を失い、山を下りた世間を知らぬサムライの強さを求める旅。

    各章の冒頭には新渡戸稲造の『武士道』の英語版と日本語翻訳版が掲載されている。

    文庫版解説は書評家 東えりか による。

    次巻は、『ブラッド ・ スクーパ - The Blood Scooper』
    第3巻は『スカル ・ ブレーカ- The Skull Breaker』

    文庫版が楽しみだけども、単行本のカバーは森博嗣が指定してデザインされたもののよう。単行本、買っちゃおうかな・・・(*´∀`*)

    ----------------
    【内容(amazonより)】
    人は無だ。なにもかもない。ないものばかりが、自分を取り囲む―ある静かな朝、師から譲り受けた一振りの刀を背に、彼は山を下りた。世間を知らず、過去を持たぬ若き侍・ゼンは、問いかけ、思索し、そして剣を抜く。「強くなりたい」…ただそれだけのために。
    ----------------
    【目次】
    Prologue
    プロローグ

    episode 1: Searching shadow
    第1話 サーチング・シャドウ

    episode 2: Spirit in metal
    第2話 スピリッツ・イン・メタル

    episode 3: Source of naught
    第3話 ソース・オブ・ノウツ

    episode 4: Another shape
    第4話 アナザ・シェイプ

    epilogue
    エピローグ
    ----------------

  • 【あらすじ】
    人は無だ。なにもかもない。ないものばかりが、自分を取り囲む―ある静かな朝、師から譲り受けた一振りの刀を背に、彼は山を下りた。世間を知らず、過去を持たぬ若き侍・ゼンは、問いかけ、思索し、そして剣を抜く。「強くなりたい」…ただそれだけのために。

    【感想】

  • 唯一の師であるカシュウの死によって動き出すゼンの物語。
    世間知らずで、ただ剣とともに、その日その日を生きてきたゼンが、里からおりて、世界と関わり出す。

    世の中で価値のあるものへと執着するこころが、理解できない。
    真の力を持つものがなぜ悪事をはたらくのかわからない。

    そういった彼?の常識をしらない無垢な状態での、世の中のことわりをすこしずつりかいしながら、携えた剣の道をたずねあるく物語は美しく、儚い。

    最高の体験ができた。足元や手元、心の動きをできればもっと理解したいとおもった。

  • 山奥に師匠と二人で剣の修行をしながら暮らしていたゼンが、師匠の死によって山を離れ里から旅に出る話。特にどこへ行けばいいかは始めの里以外ほぼ聞かされていなかった為、会う人会う人聞きまくり、恥もないので世間知らずを披露して思ったら方へ突き進むゼンくん。続きものと知らなかったので、何にもわからないまま終わってしまうので、ゼンくんがこれからどうなっていくか、そして家族に会えるのか、会うのか、など気になるこも満載です。そしてこの天然無自覚女たらしは今後も続くのか読んでいきたいです。

  • 表紙が綺麗です。

    題名からは想像がつかない
    読んでても時代がいつかもわからない
    舞台が日本かどうかも解らない。

    第1章を、読み終えての私のイメージはこうです。

    時代は文明が一度滅びた遠い未来
    舞台は日本ではない気候の安定したヨーロッパ
    人としての高みを目指す若者の物語といった感じでした。

    しかし、その誤解は全て主人公のゼンが田舎者で興味の視点が違うから起きたミスリードでした。


    私は旅の小説が好きです。

    アルケミスト、遥かなる水の音、旅のラゴスなど・・・

    このシリーズもきっと好きなシリーズになるような気がします。


    筒井康隆の『旅のラゴス』に設定が似ていると思います。

  • ”ゼン”という若い侍の話。
    物心ついた時から剣の師”スズカ・カシュウ”と山の中で暮らしていたゼン。カシュウの死をきっかけに山を下り、旅に出る。

    ずっと山で生活していたゼンだが、勘が鋭く物事の呑み込みが早い。自分についてよく考えているので、自分が”理解できていない”という事実を理解し、どうするか判断している。
    人生において、答えの決まっていない事柄について考え続けることは、苦しくもあるが、今までと違う考え方や可能性に気付くことは喜ばしいことである。
    私にとっての本は、既に様々なことを考えてきた人間の解答例を見るものと、一緒に様々なことを考えながら答えを探すものに分けられる。この本は後者であるが、主人公ゼンの考えがとても深いので、先が気になる一方、一文ずつじっくり読みたいとも思う。近いうちに読み返したい。

    ※「スカイ・クロラ」シリーズと比して、こちらは「生」を見つめて書かれているように感じる。完全に個人的な感想。

    *2016.5

  • 『生まれる前からあるものは、ないものと同じ』

    侍を題材にした森博嗣の時代小説。「生」とは何か、「名前」の持つ意味とは、など、お馴染みのテーマが、侍に係るエレメントの数々を以て描写されている。正直なところ、この一冊を読んだ段階では、同氏のミステリーやSFに比べて違和感の方が強いという感想ではあるが、続巻も読み進めてみたくもある。

  • 森先生が描いた剣豪小説。過去を持たぬ主人公ゼンは師匠であるカシュウの死をきっかけに山を下り、旅に出る。道中、旅先で村の長、その娘、盗賊、剣豪など...あらゆる人に出逢い、また別れていく過程で「生きること、死ぬこととは何か?」また「強さとは何か?」と自分に問い続けるゼン。ゼンは読者自身だと思う。考えさせられる内容で深く心に刺さる台詞も多くとても良かった!何故もっと早く読まなかったのか悔やまれる作品。

  • 無性に森博嗣の本が読みたくなって手に取ったヴォイド・シェイパは時代物だった。タイトルでうっかりすっかりスカイクロラ系と思っていただけに、裏切られた感はあったが、中身は森博嗣らしい独特の哲学が展開していた。どことなくRPGっぽい印象がある。師であり保護者であるカシュウを失ったゼンの成長譚。カシュウの最後の弟子。が、ゼンにまとわりつくが、無垢な赤子のごとく「人」に免疫のないゼンにとってはよくも悪くも影響はない。強くなりたい。なぜ。生きるとは。ゼンの旅ははじまったばかりだ。

  • 20150619読了
    考えさせられる小説。

  • 【内容(「BOOK」データベースより)
    人は無だ。なにもかもない。ないものばかりが、自分を取り囲む―ある静かな朝、師から譲り受けた一振りの刀を背に、彼は山を下りた。世間を知らず、過去を持たぬ若き侍・ゼンは、問いかけ、思索し、そして剣を抜く。「強くなりたい」…ただそれだけのために。】

    クールな時代物?。
    山育ちの世間知らずで純粋な青年の旅立ち。
    最初っからめっちゃ強い。

  • 生きるとは何か。死ぬとは何か。幸福とは何か。不幸とは何か。強さとは何か。弱さとは何か。
    考えさせられる一冊。というか、主人公男なのに、女に感じたし、先輩の、y先輩のも影を感じた一冊でした。

  • 続きを買うために二回目読了。
    スカイクロラシリーズと同じ、率直でひたむきで真っ直ぐな主人公。
    透明感のある済んだ空気感がいい。

  • 森博嗣ワールド全開な時代小説だった。
    ゼンは小栗旬ですな。
    ペプシの影響かな。

  • 森博嗣さんの冷静な描写は非常に読みやすく、そんなに興味の無かった時代劇小説でしたが、グイグイ引きこまれました。

  • 森博嗣さんが描くサムライに興味深々で手にとりました。
    人里離れて生きてきたサムライが師匠の死を期に人社会へ。未知の世界で見出す強さとは。。
    森さんならではの知的でクールな文章で紡がれるサムライの物語はなんだか新鮮。でも不思議としっくりくるのがすばらしい。
    このさき彼がどのような生き方を見出すのか、続きが楽しみです。

  • ハードカバーを図書館で借りて読んだけれど、文庫化してたので購入。

  • かっこいい!かっこいい!かっこいい!

    はまった!!!


    ・・・なんか勢いだけですけど。。。


    いやぁ。でもかっこいいよ。
    主人公もかっこいいけど、
    主人公が出会う人、出会う人が色々いっぱい、その人々がすごくかっこいい。

    人生論というか。哲学というか。
    どの人も色んなことがあったけれど最終的にこの考えに落ち着いているんですよ、という風にしっかりと語ってくれる。そこが好きです。

    主人公が山から出てきて世間知らず、という設定も、
    よくあるような?感じもしたけれど、
    それも気になりませんでした。


    余談ですが。

    この本を買った理由は
    森博嗣さんのこのシリーズの2冊目が平積みされていたからんですけど、

    「シリーズもの読むなら一巻から読むんじゃぁあぁ!!!」
    というどうでもいい信条の基にこれを買って読んだので、もれなく二冊目を買います(笑)



    ふっ、ふっ、ふっ。。。

  • 超面白いわ。続編買わなきゃ。

全57件中 1 - 25件を表示

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)に関連する談話室の質問

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)の作品紹介

人は無だ。なにもかもない。ないものばかりが、自分を取り囲む-ある静かな朝、師から譲り受けた一振りの刀を背に、彼は山を下りた。世間を知らず、過去を持たぬ若き侍・ゼンは、問いかけ、思索し、そして剣を抜く。「強くなりたい」…ただそれだけのために。

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)の単行本

ヴォイド・シェイパ - The Void Shaper (中公文庫)のKindle版

ツイートする