箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)

  • 162人登録
  • 3.40評価
    • (7)
    • (11)
    • (34)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 中央公論新社 (2013年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122057791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
富樫 倫太郎
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 箱館戦争中の徳川脱走軍とガルトネル兄弟との土地九十九年間租借契約をもとにした、活劇エンターテイメント。
    安定の、出来る男・土方歳三…!

  • 中々土方歳三が出てこなくて焦れました。
    蝦夷地の所有を巡って行われる駆け引きが面白いです。
    土方さんとブリュネさんのやり取りには笑いました。

    文体は歴史小説にありがちな細々したものではなく、読みやすいです。

    これからという所で上巻は終わっているので、下巻に期待します。

  • 明治維新時に榎本武揚率いる旧幕府軍が函館を統治したときの物語。どこまで史実かを知らないが、ロシアが北海道の植民地化しようと画策している。しかし、蝦夷共和国はその企みをまだ知らず、土地300万坪を99年間貸す契約を結ぼうとしている。下巻でその契約を潰せるか、どんな手を使っていくのか楽しみである。

  • 私は、土方歳三が魅力的であれば問題ないです!的な軟派読者なんだけど、さて。

    土方歳三と中島三郎助の会話が好きだ。
    特にp.317~324は、美しい。
    私は「散り方」について考える。
    信念とか意地は、究極の自意識かもしれない。
    生命の真理とは相反する、人間だから発生する、ただ一人自分だけの、個人の目的。
    「生き長らえること、次に繋ぐこと、確実に殖えること。」そういうことと全く関係ない、個人の目的。
    それは多分、瞬間的な平和を呼ばない。
    でも捨てられない最後の1つって何だ?
    無知だからではない。無鉄砲だからでもない。知識と経験を積み上げて、それでも譲れない個人の意地を、貫く強さって何だ?
    私にそこまでできるか?
    そう思うとやっぱり、私にとって土方歳三はいつまでもロマンなのかもしれないね。

    文章自体は、大河ドラマの登場人物のセリフとナレーションと音声解説(?)と歴史的解説場面がごっちゃになって並んでいる感じで、全く好みじゃない。
    頭の中でテレビ的に場面構築できれば良いのかもしれないけど、テレビ嫌いだからちょっとイラ。

    登場人物のキャラクターが「作者がこういうキャラにしたいんだろうなぁ」って想像つくところも好みとはちがうけど。
    ロシア「第三部」のユーリイとか、とても単純におそロシアで笑える感じはある。
    続きが気になるところで上巻終わり。

  • 土方歳三 蝦夷血風録と銘打ったシリーズだけあって、やはり土方歳三がかっこいいです。
    いや、もっと言うと土方歳三のみがかっこいいですね。
    この小説では、彼の前では、榎本武揚はじめ、他の蝦夷政府の要人もバカにしか見えないです。
    陸軍奉行の大鳥圭介など最たるものです。
    そこが☆一つ減じた理由ですかね。
    下巻で土方歳三にスッキリさせてほしいです。

  • 旧幕府軍と新政府軍の戦が間近に迫りつつある函館。
    その混乱に乗じて蝦夷の広大な土地を手に入れようとするプロシア人兄弟と背後にいるロシア・・・
    北の大地を舞台に様々な思惑が交差する。
    土方の出番は少なめ。

  • 帯の「これを読んだら土方に惚れる」に惹かれて買ったが、まだかっこいい土方さんは登場していない。

  • 蝦夷に落ちて新政府を樹立した幕府軍に対して、土地を剥奪したいプロシア/ロシアとの駆け引きを描くも土方歳三の出番少なく、後編に期待。

  • 群像劇。
    土方歳三の『大活躍』はない。
    幕末蝦夷地の事件は新鮮だった。

  • 201402/土方まだー?と思いつつも面白くて引き込まれた!

  • 全然土方が出てこん・・・シリーズの最初の一環じゃあこんなモノか。しょうがない、下巻も読むか。

  • 箱館を占拠した旧幕府軍は財政難にあえぎ、その混乱に乗じて広大な土地を手に入れようと目論むプロシア人兄弟の背後にはロシアの策謀が隠れていた。タイトルに土方歳三とありますが、ほとんど出番はありません。ガルトネル開墾条約事件を元にして当時の函館を舞台にした列強国の水面下の思惑を描く展開。本筋に行く前の前ふりが長いのだが、その前ふりがとても面白い。それぞれの思惑と信念を持った男たちが一つの事件に向かって徐々に集まってくる様が読み応えあります。土方先生も後半にようやく出てきますが、やはり存在感あります。

  • 「土方歳三 蝦夷血風録」というシリーズ(?)の割には、土方の出番は少ないが、多分後半になってドンドン盛り上がっていくのだろう。著者の本は特に前半がじれったい感じが多いので、下巻に期待。
    時代考証とか歴史的事実から見ると、「あれっ?」と思う部分もないわけではないが、あくまでもエンターテインメントとして純粋に楽しむ気持ちになって読めば、充分に楽しめる。
    伏線とかがいっぱい張りっぱなしなので、それらをどのようにしてまとめていくのか、定評のある著者だけに、大いに楽しみ。

  • 土方さんが好きで題名に名前が入っていたから読んでみた

    最初は全く土方さんはでてこないけど

    人間模様が面白い

  • 色々な伏線を張っている段階。
    これからどんな展開が待っているのか。
    あまり、土方さんは目立っていない。
    下巻で大活躍するのか・・・?

  • 土方歳三が主人公であるのかもしれないが、物語ににおける、その位置づけが定まっておらず、副題に据えたものの、主題である函館を売る売らないということで上巻は終始している。軍配者シリーズが良かったので、期待していただ、今のところは肩すかし。唯一、面白かったのが、山にこもった行動の人が山を下るあたりまで。本来、こちらを主人公に据えた方が面白かったのかもしれない。ただし、脱走さんの走狗になってしまってからは魅力が半減、上巻の最後で、脱走さんの支配に疑問を抱くことになるので、後編で山籠り以上の活躍を描かれることを望む。

  • 普段読まない幕末もの。読みやすそうだったんで借りてみた。予想外のロシア秘密警察がからんできてちょっと面白そう。上巻では土方歳三はあまり目だってない。

  • 2013 6/7読了。近所のTSUTAYAで購入。
    上巻を読み始めていっきに読み、下巻まですぐにとりかかった。
    感想は下巻にまとめて。

  • 上巻ではまだ土方に惚れなかった。いきなりロシア人から始まって話についていくのに時間がかかったけど、この先どうするのか楽しみ。

  • 幕末の動乱時期を戊辰戦争に焦点を置き、新撰組土方歳三の生き様をもう少し描いてほしかった。ガルトネルブナ林というにが道南の七飯町にある。
    故郷を思い起こしながら読めた。下巻にも期待したい。
    小説の内容とタイトルがマッチングしていた。
    そうか!?箱館は『売ります』、『買います』だったのかぁ~

  • 主人公は函館新撰組でも蝦夷政府のだれかでもない。
    ユーリィというロシア人と平山金十郎という人物だ。
    土方歳三は!?と思うより早く、この話に集中してしまう。
    富樫さんの筆致のせいかも?
    さらっとしてるのに親近感のある書き方。
    そんなに字も詰まってないのでするする読めて楽しい。

    ガルトネル事件、というらしい。
    金に困った蝦夷政府に、土地を借りる。そして借地代として蝦夷にロシアの飛び地ができる。実効支配とでもいうのか。幕末の混乱期、いろんな外国人が日本を狙っていたのだろうな。それを画策したのがユーリィ。ユーリィという人物は創作だろうけど、でもこんな事件があったとは知らなかった。
    純粋に、どうなるんだろう?とわくわくして読み進めた。
    新撰組…というか土方歳三が好きになって、久しぶりだ。
    先が読めない、というのは!
    歴史は変えられないから、どの新撰組小説も同じ道筋をたどるんだけど、この小説はあまり知られていない事件を扱ってるだけに先が読めなくて新しかったなー。

    ユーリィはやっぱ悪なんだけど、自らもこの日本での作戦に失敗すればロシアで待っているのはシベリア送り。ぎりぎりの命をつなぐ戦いだった。ユーリィの…味方になれないのは残念。でもやっぱ土方さんだよねー。かっこいい!ほんとかっこいい。3部作とのことなので楽しみ。函館新撰組は面白い。京都も楽しいし、敗走しつつ戦うところもいい。新撰組はどの時代を切り取ってもドラマになる。うむ。

    新しくて王道にかっこいい土方さん。ご馳走様です!
    富樫さんの書く京都の土方さんも読みたいっす!

  • 北海道に行くので読んでみた。
    映像が目に浮かぶ。
    下が楽しみである。

全22件中 1 - 22件を表示

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)に関連する談話室の質問

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)の作品紹介

土方歳三らの旧幕府軍は、新政府軍から箱館を奪還した。その混乱に乗じて、広大な土地を手に入れようと目論むプロシア人兄弟は、蝦夷政府の幹部たちに近づく。財政難にあえぐ旧幕府軍は、租借料を目当てに契約の締結を進めるのだが、プロシア人兄弟の背後には、領土を広げようと企むロシアの策謀が見え隠れしていた-。

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)はこんな本です

箱館売ります(上) - 土方歳三 蝦夷血風録 (中公文庫)のKindle版

ツイートする