フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)

  • 239人登録
  • 3.30評価
    • (9)
    • (28)
    • (32)
    • (16)
    • (2)
  • 32レビュー
著者 : 沢村鐵
  • 中央公論新社 (2013年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058040

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 5月に入り、まだ警察ものを1冊も読んでなかったので、レビューで気になっていた、このシリーズを大人買いして、読むことに。
    「クラン」シリーズを読んで、一気にファンになったこの作者。4作で完結するし、「クラン」を読んでいると、1冊目はイントロダクションみたいな位置付けかと思ったら、かなり、飛ばしてきた!
    大学の教授室から始まる連続爆発事件。黒幕と思われる天才ハッカー「C」の存在も、惜しげもなく出して来て、これはまた一気に読んでしまいそう…
    一応、主人公・美結の謎もこのあと明かされていくのだろうし、先の展開が楽しみ。

  • 大学の研究室で起きた爆発事件。
    現場近くで犯人と思われる人物が目撃されていたが、目撃者である佐々木からは証言がいっさい取れない。
    序盤から思いもかけない設定で、事件の解決にどうこの設定がいかされていくのか。
    物語に一気に引き込まれた。
    ところが、中盤になるにしたがい話はどんどん広がっていく。
    まるで大風呂敷を広げたような展開で、どこが着地点なのかまったくわからなくなってきた。
    残りのページ数を見て、決着が本当に付くのかと心配にもなった。
    大学教授爆殺事件の決着はついた。
    だが、結局のところ、続編を読まなければ謎はまったく解けない。
    あれもこれもと手を広げすぎたように感じた伏線はどうなるのか。
    物語で一番面白かったのは水無瀬の強烈なキャラクターだ。
    何かに特化したような才能の持ち主は、どうやら世間一般の常識にはとらわれないものらしい。
    "C"との駆け引きや、美結との会話など、物語の流れの中で異彩を放っていた。
    どうにも続編を読んでしっかりと物語を終らせないことには落ち着かない。
    すべてが回収された事件の終結を見届けすっきりとしたい。

  • 評価は3.

    内容(BOOKデーターベース)
    外国人留学生から評判の悪い教授が、大学の研究室で爆殺された。捜査本部が設置され、墨田署刑事課の一柳美結巡査も捜査に加わった。現場近くにいた講師の佐々木忠輔と留学生たちに事情聴取をする美結だが、第二の爆破事件が起きてしまう。一方、捜査本部では、国際的サイバー犯罪者“C”の名前が被疑者として浮上していた。

    内容紹介だけ読むと評判の悪い教授が殺されその犯人は?と想像できるがほとんど無関係だった。Cとかサイバーとか個人的に不得意の分野なのでこの攻撃のどこが凄いのか?今ひとつ理解出来ず・・・なかなか読了できなかった。

  • 既にシリーズで発刊されているが、沢村鐵氏の作品に初挑戦。
    このあとまだまだストーリーが展開していくのだと意識してしまうからかも知れないが、先読みしようとして失敗してしまう。
    (人物描写がもう少し欲しいと思ってしまう)
    若干展開が乱暴なところもありますが、第一作ということで続編に期待。

  • 特命担当・一柳美結シリーズの1冊目「フェイスレス」

    国際的なサイバー犯罪者「C」との戦い。
    まだまだ序章です。

    この時はまだ、2巻目、3巻目の展開が全く予想できなかった。

  • 特に期待しないで買って読み始めたけど、途中から話に引き込まれて一気に読んだ。
    主人公の存在感があんまりない所は気になるけど、とりあえず続編も購入決定。

  • 初めて読む作家。もともとは児童文学の書き手らしい。
    スケールの大きな物語だが、なぜか文章に乗りきれず。シリーズの続きはもう、いいかな。

  • シリーズものだとは知っていたので、順番に読むつもりでスタート。
    でも、最初の1ページから「あれ?これシリーズ1作目?」と困惑。
    説明不足なとことかあるので、最初から置いてけぼり。
    登場人物多い割りに、キャラが立たない&魅力を感じないので、人物がこんがらがる!
    主人公も今のところ魅力なし、活躍なしだし。

    姫川シリーズや藤堂シリーズのような
    女性刑事ものが読みたくてスタートしたけど、ちょっと違うかな。
    話も無駄にスケールが大きいし。
    次は読まなくていいかな。

  • 沢村さんの傑作です。
    少し怖いけど、早く先が読みたくなるようなドキドキ感があります。

  • 最後はややわからなかったが、人物はよい。

全32件中 1 - 10件を表示

沢村鐵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
有効な右矢印 無効な右矢印

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)の作品紹介

外国人留学生から評判の悪い教授が、大学の研究室で爆殺された。捜査本部が設置され、墨田署刑事課の一柳美結巡査も捜査に加わった。現場近くにいた講師の佐々木忠輔と留学生たちに事情聴取をする美結だが、第二の爆破事件が起きてしまう。一方、捜査本部では、国際的サイバー犯罪者"C"の名前が被疑者として浮上していた。

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)はこんな本です

フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結 (中公文庫)のKindle版

ツイートする