日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)

  • 48人登録
  • 3.80評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 北岡伸一
  • 中央公論新社 (2013年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058071

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 軍部がどのように暴走し、内閣の命運を握る存在になっていったかを叙述する一般的な通史。日露戦争期には先進的だった軍隊が日中戦争期には時代遅れになり、その近代化の是非をめぐる論争が二・二六事件の背景にあったことには驚いた。(そのような論争をしている時点で太平洋戦争の勝敗は決まっていたと言える。)組織の失敗というのがよく指摘されるが、その通りであると思う。陸軍をテーマとした本を著者が出していたはずなのでいずれ読みたい。
    日中戦争以降、陸軍を中心とした政権中枢に権力が集中し、中枢を担う「人」—近衛、広田らーの動きが重要になってくる。彼らを描いた本も読んでいきたい。

  • 歴史の流れの中で、出来れば避けて通りたいような時代であるが、できるだけ客観的に書かれた本書のようなものを一度は読んで、最低限の知識だけは持っていた方が良いと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)の作品紹介

原敬没後、軍部の介入と党内対立に苦しみ続けた政党内閣は五・一五事件で潰えた。軍部は日中戦争を引き起こし、二・二六事件を経て時代は「非常時」から「戦時」へと移っていく。しかし、昭和初期の社会が育んだ豊かで自由な精神文化は戦後復興の礎となったのだ。昭和戦前史の決定版。

日本の近代5 - 政党から軍部へ 1924~1941 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする