作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)

  • 44人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (4)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 中央公論新社 (2013年6月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058101

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅情ミステリの形をとりながらしっかりと本格ミステリなシリーズ。もしや、エラリー・クイーンの国名シリーズを意識しているのでは…?と思えてきた。

  • 20140714
    狼伝説好きなんで点は甘いです。

    さらさら読めたけど、ちょっと物足りなかったかなーうーん。
    今回、あんまり切羽詰まって推理してるわけでもないし。
    キャラが多かったのかなー、なんだろう。
    主人公がシリーズ始めの頃よりぼやけてしまった感じ。
    まぁでも、犯人が普通に出オチでびっくりした。笑
    久々。

    初めの方、人物名で誤植があって混乱したけど、後半は大丈夫でした。
    名前、ギリギリで変えたのかな…みたいな。笑
    どんな本でも時々あるけど、なんかびっくりした。

  • 2時間ドラマ。
    本当に鯨さんが書いたのかなー、という出来。
    このシリーズは、そんな感じのものばかり。
    それはそうと、誤植が・・・。名前を間違えるのは良くないよね。

全4件中 1 - 4件を表示

鯨統一郎の作品

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)の作品紹介

奥秩父山中で、喉に狼らしき咬痕がある女性の刺殺死体が発見された。被害者は、ミステリ作家の六波羅一輝に同行していたカメラマン。一輝たちは、狼信仰に纏わる新興宗教団体を取材していたのだ。警察は捜査を開始するが、第二の殺人が発生し-。秩父夜祭で賑わう街で起きた、殺人連鎖の謎と真相に一輝が挑む。シリーズ第6弾。

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)はこんな本です

作家 六波羅一輝の推理 - 秩父夜祭・狼の殺意 (中公文庫)のKindle版

ツイートする