日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)

  • 11人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 土屋 政雄 
  • 中央公論新社 (2013年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058682

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 室町から安土桃山時代の文学作品が、日記、能・狂言、五山文学、御伽草子などに分けて解説されています。中世が終わるとともに廃れていくもの、近世の先駆けとなるものが生まれた時代でしょうか。時代の流れに沿って解説してあるのでよく分かります。
    漢詩はとっつきにくいかと思っていましたが、一休に興味が出たり、御伽草子がこれほど面白いものだったとか勉強になりましたね。

全1件中 1 - 1件を表示

ドナルド・キーンの作品

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)の作品紹介

室町と安土桃山時代。能・狂言や御伽草子など、後世に伝わる豊饒な文学世界。

日本文学史 - 古代・中世篇六 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする