我が偏愛のピアニスト (中公文庫)

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 中央公論新社 (2014年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122058910

我が偏愛のピアニスト (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ピアニスト青柳いづみこによる、ピアニストとの対談をもとにしたエッセイ。

     同業者が同業者を語るというのは、ちょっとなくてそれだけで新鮮。
     かっちりツボをついてきてくれてるのが、心地よかった。

     ピアニストを<蛮族>といったのは中村紘子氏だったが、それはやっぱりあたっているなと思った。
     まぁ、とにかくがむしゃらに突き進んでいく力こそがプロの最低条件なのだろう。

     と、音楽への真摯な気持ちが、恐ろしく共通していて…。
     むしろ、いやがおうでも畏怖の気持ちを抱かせ、持続させている、クラッシック音楽というものの力を、見せつけられた気がする。
     クラッシックのもつテンプレートの普遍性というのは、あまりにも偉大だ。

  • 著者の愛するピアニストとの対談のエッセイ集である。
    色々な方のピアニストとしての人生、考え方などが多くかかれており、これまた面白いし、ためになる。

  • 141007

  •  青柳先生の10人の日本人ピアニストへのインタビュー集。同志的な話がメインかと思ったが、一ファンとしての視点からインタビューしている模様。あまり技術的な話は出てこない。
     海外に修行する点は共通するが、大学生くらいまでの人生のあゆみかたは結構ばらばらだということが面白かった。こういう人たちは一言、天才でひとからげにされるものとばかり思っていたが、ややそうではないことを理解(天才に違いはないが)。
     著者の語り口は非常に読みやすく、またほどよくマニアックなので楽しみ。次もまた読みたい。

全4件中 1 - 4件を表示

我が偏愛のピアニスト (中公文庫)の作品紹介

内外で活躍している日本人ピアニスト一〇人。彼らと語り合う至福のとき。同業者ならではの共感と切り込みで、互いの共通項、相違点を炙りだしていく。同じ現場を知る者だからこそ見えてくる真実がある。小山実稚恵、海老彰子、花房晴美、柳川守、練木繁夫ら登場。

我が偏愛のピアニスト (中公文庫)はこんな本です

我が偏愛のピアニスト (中公文庫)の単行本

ツイートする