人質の朗読会 (中公文庫)

  • 1345人登録
  • 3.70評価
    • (78)
    • (150)
    • (134)
    • (25)
    • (4)
  • 157レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論新社 (2014年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122059122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

人質の朗読会 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小川洋子さんの本を読むのは【博士の愛した数式】以来。
    ということは、もう10年以上も前になりますね。
    装丁の不思議な動物になんとなく惹かれ、手にしたのがこの本でした。
    【人質の朗読会】のタイトルも何とも不思議で…

    とても不思議な物語でした。

    地球の裏側にあるとある国の山岳地帯で、海外旅行のツアー参加者7人と添乗員の計8人が反政府ゲリラの襲撃を受け、誘拐された。
    100日以上が過ぎた頃、事件は人質全員死亡という最悪の結果を迎えてしまう。
    どんなに大きな事件でも時間の経過とともに、人々の記憶は薄れていく。
    2年後、人質たちが朗読会というものを開いていたことが明らかになる。
    救出のため仕掛けられた盗聴器から聞こえるその声が録音されていたのだ。
    その声は、毎日、1人ずつ、ラジオで放送された。
    極限状態の中、人質たちが語った物語は、ものすごくドラマティックな出来事ではなく、普段の日常を切り取った一コマのような出来事だった。

    「杖」はとても不思議な話。
    私の頭に浮かんだ言葉は、情けは人のためならず。
    自覚していたけれど、私って凡人中の凡人だわ…と、思い知らされる。

    「やまびこビスケット」
    人生の分岐点。好きこそ物の上手なれ、そんな言葉が浮かんだ。

    「B談話室」
    自分自身でも気づかなかった才能。
    人生の分岐点となる出来事は起こるべくして起こるのかも…
    各話の終わりにこの話を披露した人の職業、年齢、性別が記載されているのだが、この話ほど、その職業がぴったりだ!と思ったものはなかった。

    「冬眠中のヤマネ」 ・「コンソメスープ名人」・「槍投げの青年」
    どれも不思議な話。

    「死んだおばあさん」
    『あなた、僕の死んだおばあさんにそっくりなんです』
    20歳の女の子が突然言われた言葉。
    同様のことが続き… 

    「花束」はツアーガイドの話。

    最後の「ハキリアリ」は事件が起こった国の特殊部隊通信班所属の若い政府軍兵士の話。
    盗聴器から流れる声を聞いていた彼。
    人質たちが語る言葉は極限状態にあるとは思えないようなものだった。
    それは『祈りにも似た行為』

    こんな極限状態の中で、自分自身が語るとしたらどんなことを語るだろう…
    頭にはどんなことが浮かんでくるのだろう…

    解説は俳優の佐藤隆太さん。
    彼はこの作品がWOWOWでドラマ化された時に出演されていたのだとか。
    ドラマが観てみたい、というよりも、実際に朗読されたものを聞いてみたい。

  • もし私がこの小説の登場人物の一人で、彼らがしたように、何でもいいから一つ思い出を書いて、朗読しあうことになったとしたら。
    私は自分の人生の記憶から、何を選び、どのように書き起こし、朗読するのだろう。

    そう考えて、自分の過去に想いを巡らせてしまった作品です。

    地球の裏側の異国をツアー旅行中に、反政府ゲリラに拉致監禁された八人の日本人。
    彼らは退屈を紛らわすため、自分の思い出を一つ書いて、朗読しあうことに。
    救出作戦は失敗に終わり、彼らは全員死亡。
    その二年後、彼らが生前語った八つの物語と、ある一人の若者の物語の、計九つの物語が、「人質の朗読会」と題して、ラジオ番組として公開され…。

    小川さんの、静かで、どことなく、黒々とした光沢を持つぬばたまを連想させるような独特の文体のもと、八人の人質たちは、まるで、祈りのように、静かに過去の一点の記憶を語っていきます。

    八人は、年齢も属性も、それまでの環境も全く異なっており、当然、朗読される日常の記憶の一コマの物語には何の繋がりもないのですが、なぜだか、むせ返るような孤独と死の匂いだけが、ひどく共通している印象を受けました。
    彼らの「祈り」に耳を傾けていた、もう一人の物語にも。

    そして、朗読された物語と繋がるようで繋がらない、各々の物語の最後にたった一行で記される、彼らの死亡時の年齢や肩書き、ツアー参加動機などは、そのような些細な日常の一コマを何十年とかけて積み重ねてきた人生があっけなく崩れ去ってしまったことを読み手に痛感させます。

    孤独と死からは、誰も絶対に逃れられないということを、なんだか肌に染み付くように感じた気になった、小川ワールド全開の作品でした。

  • 遠く隔絶された場所から届く、人質たちの朗読会。
    人質たちの語る自分を形成していった過去は、劇的な内容ではないのに心にしみるものばかりでした。

    「冬眠中のヤマネ」の最後の爽快感がよかったです。少年と老人との密やかな交流に少し泣けてしまいました。

    「槍投げの青年」の槍投げの描写が厳かで美しかったです。自分の心を支えてくれるようなものに不意に出会えた奇跡…。

    盗聴役の特殊部隊の青年の語る「ハキリアリ」もよかった。日本人研究者が「天に供える捧げ者を運ぶ勇者」と表現したハキリアリに思いを馳せ、その時感じた感動を、背負った供物を、静かに、祈るように運ぶように語る人質たちに重ねる。少年時代に出会った日本人研究者たちの真摯さ、人質たちに対する青年の真摯さに心を打たれました。

    「杖」と「花束」も好きです。

    他人から見れば何のこともないことばかりを切り取った人質たちの過去。祈りのような語り、慎み深い拍手。舞台が拉致現場というだけで、物語中に漂う静けさがかなり切ないものに感じられます…

  • 個人的には久々の小川洋子作品。
    独特の神聖で静謐な閉塞感のような世界観が好きだけれども、それに耐えられる自分自身の心の余裕がないと、なんとなく遠のいてしまっていた。

    「今自分たちに必要なのはじっと考えることと、耳を澄ませる事だ。しかも考えるのは、いつになったら解放されるかという未来じゃない。自分の中にしまわれている過去、未来がどうであろうと損なわれない過去だ。」

    決して損なわれない記憶の断片。
    それは、他の誰かは通り過ぎてしまうような物語。でもその後の生き方を大きく左右するようなものだったり、あるいはいつのまにかできたほくろのように身体の一部になっている。一つのストーリーの最後にそれぞれの今の立ち位置が記されているのが過去と今へつなぐ架け橋のようになっていて人物増がよりリアルに感じられる。

    物語に耳を澄まし続けてきた著者だから書けるのか

    一人一人の物語は切実で神聖さを帯びている。
    それは誰ものでもなくその人のものだから。
    その祈りにも似た物語は、誠実な聴き手があって初めて色を持って生きてくる。聴き手は、時間や場所を超えて受け取る事ができる。

    「彼らの朗読は、閉ざされた廃屋での、その場限りの単なる時間つぶしなどではない。彼らの想像を超えた遠いどこかにいる、言葉さえ通じない誰かのもとに声を運ぶ祈りにも似た行為であった。その祈りを確かに受け取った証として、私は私の物語を語ろうと思う。」

    一人一人決して損なわれることのない物語を持っている。
    それを誠実に受け取ることのできる人間でありたいなと思う。

  • とても不思議な構成の本です。

    とある国への旅行者たちが、とある反政府派に捕まり、人質となる。
    かれらは冒頭部分で無残にも亡くなるのだけれど、人質になっている間に、それぞれの物語を朗読していた…というもの。

    その物語も、壮大さとはかけ離れている。
    彼らの人生の中のほんのひとときの出会い。
    通り過ぎて、いつしか忘れてしまってもおかしくないようなもの。
    たとえば一度だけ出会ったやり投げの青年、死んだおばあさんの話をするひと、隣にすむ娘さん…。

    小川さんがピックアップして描き出す瞬間というのはいつでもどこかにありそうなものだけど、必ずどこか非日常的な雰囲気がある。
    今回の物語では、それを普通の人たちがすれ違い、語りたいと思ったひとときの出会いの中に込めているように思います。

    この短編では語り手たちはなくなっていて、なぜそのような朗読会が開かれたのか、なぜその話を選んで語ったのかはわからないようにできている。

    語ることってとても不思議で、なぜその話をしたくなったんだろう?なんて話を自分でもしてしまう事があります。語るということの不思議についても思いをはせる作品でした。

    明日にはもう別れてしまい、二度と会えなくなる人との出会いの中で、普通の人たちは日常から非日常に入り込み、そこでさまざまやことを感じるのかもしれません。

  • 小川さんの作品は、いつだって、森の奥の深い湖のようにかぎりない深さと静けさをたたえてる。
    そう、どんな人の一生にも、この物語のような記憶があるのかも知れない。

    特別であって、特別でない記憶。
    何かを成し遂げたとか、祝福されたとか、逆に、ひどく苦しんだとか、そういうのではなく、どこにでもある一日のようでいて、自分が自分として生きることと、ふっとつながってるような記憶。

    とても聖なるものと向かい合ったような気持ちになりました。

  • 濃密とは言えないささやかな心のふれあいを通して、明日へと繋がる大事な一歩を踏み出したエピソードを語る人質たち。淡々と語られるなかにも、確かな力強さを感じました。

    死を意識しながら行なわれる朗読会であったからこそ生まれた神々しさなのだろうかと思いました。不思議な世界観のある1冊でした。

  • 反政府ゲリラに拉致された人質が,拘束された中で語り合った8つの話をまとめたものだ.緊迫した状況下で,様々な年代の人が語り合うことは想像できないが,どの話もオチがあって面白かった.隣の娘さんがスープを作る「コンソメスープ名人」が少し不気味だが,詳細なレシピの記述が楽しめた.「B談話室」は幻のような女性に勧められて,危機言語で語り合うグループに突然参加することになった男が出てくるが,何故かほっとする感じだ.

  • 全てのお話が心の中に染み入るようでした。特に第一夜の「杖」と第五夜の「コンソメスープの名人」がよかった。

  • とても静かな物語。
    を寄せ集めたような短編集。

    「人質の朗読会」という共通の背景があるからこそ、
    関連の無いバラバラの物語も、
    共通した優しさやあたたかさを感じるんだろう。
    と思えた。

全157件中 1 - 10件を表示

人質の朗読会 (中公文庫)に関連する談話室の質問

人質の朗読会 (中公文庫)に関連するまとめ

人質の朗読会 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

人質の朗読会 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人質の朗読会 (中公文庫)の作品紹介

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた-慎み深い拍手で始まる朗読会。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは、人質たちと見張り役の犯人、そして…。人生のささやかな一場面が鮮やかに甦る。それは絶望ではなく、今日を生きるための物語。しみじみと深く胸を打つ、小川洋子ならではの小説世界。

人質の朗読会 (中公文庫)の単行本

人質の朗読会 (中公文庫)のKindle版

ツイートする