幸せのコイン (中公文庫)

  • 98人登録
  • 2.74評価
    • (1)
    • (4)
    • (19)
    • (7)
    • (4)
  • 20レビュー
著者 : 鯨統一郎
  • 中央公論新社 (2014年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122059375

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

幸せのコイン (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 7話からなる連作短編集である。
    第1話の父の死後 相続したものは、煤けた500円玉一つ。
    その500円玉のコインが、7話迄話をつなげる。

    作者 鯨統一郎氏は、花好きなのか?、色々は何詳しい。

    第1話から、主人公が、花屋になりたいことから、話が進んでいる。
    消費税を入れて、500円の花束をプロポーズに送る花にしてみたり、、、、
    ちょこっと無理な感じがするのだが、、、

    第2話も、「エニシダの誓い」で、3人の女学生の親友のつながりを表している。

    第3話 「思い出のイチイの木」
    アララギという別名の大きく成長する木である。
    入社1年の広告会社の営業マンが、老婆を助けたことから、大きく成長していく様を描いている。

    第4話 「ハシバミ色の瞳」
    ハシバミの別名 ヘーゼル その実は、ヘーゼルナッツ。
    そして、雌雄同体。

    薄茶色の瞳を持った妻と、ちょっとした不満から、離婚届を書いた夫婦が、子供の成長を2人で頑張って愛育したことの話の思い出あを語っていたら、置き引きに遭ってしまうのだが、、、
    置き引きされたかばんは、無事に届けられたけど、離婚届は、紛失と、、、そして、2人の仲も元のさやへ、、、、

    第5話 「輝け!リノリウム」
    天然素材の建材に零れ落ちた絵の具で、好きな彼女の顔を描いてしまった。
    学校で、500円の紛失から、絵の具を買った主人公が、疑われいじめに遭うのだが、恋敵の友人が、デジカメで撮った写真を証拠として解決する。
    ここでも、イチリンソウ、ムラサキケマンの花が出て来る。

    第6話と、第7話には、花が、登場しなかったが、、、、
    花好きには、なるほど、、、その花に合った話にしているのかと、、、思いながら読んで行った。

    500円のコインが、名も知らない人から人へと、渡ってその人たちが幸せを掴む話は、ほっこりさせられるところもあるが、、、、

    あまりに、上手く物事が、進みすぎる感が、あった気がするのは、私だけでしょうか?

  • 第1話の主人公が手にした煤けた五百円硬貨がつなぐ、全7話の短編集です。読みやすいけど、ちょっと話の展開が強引な気も。特に第5話なんか踏んだり蹴ったりでは?と読み終えて唖然としてしまいました。早すぎる訳の分からない展開に付いて行くのが精いっぱいでした。

  • ハートウォーミングな物語集だと思って読んでみたのですが、ひどい。「どこがハートウォーミングストーリー」なのでしょうか?ミステリーの方がいいよね…。そっちに期待します。

  • 「煤けた五百円玉が紡ぐ」とあるが、ストーリーに五百円玉が全くと言っていいほど関係ない。
    申し訳程度に煤けた五百円玉の描写が各短編にあるくらいで、煤けた五百円玉があろうとなかろうと、物語として普通に成立する。
    しかも、その各短編は「ハートウォーミング」とは言い難いいものが多く、短編自体のストーリー性も魅力的ではない。
    離婚届の話は良い話だったけど・・・。

    説明が難しいが、文章も読んでいてあまり入ってこない。あんまり書き方が上手くないからだろうか。。

    この小説は全くおススメできない。

  • ハートウォーミングと謳いつつも各話そこそこエグい。

  • うーん。最終話で回収されたかなあ、という気がするが、うーん。

  • 七つの短編を収録。共通して出てくるのは“煤けた五百円玉”で、これは冒頭の短編で出てきた五百円玉が各短編に登場します。各短編、いずれも人間の嫌な面を強調していて、ちょっと読むのが辛かったり。まずまず楽しかったです。

  • 文章のテンポがあまり良くなくて、特に会話の部分、なんだか流れるような感じがしない。
    オムニバスで最後に一つに繋がるのはいいんだけど、一つ一つの短編がイマイチ。
    よくもなく悪くもなく…。鯨さんということで期待しすぎました。

  • この連作短編集の主人公たちは、ただ同じ煤けた500円玉を持っていただけではなく、なにかを買うために使った、つまり行動したから幸せをつかむことができたのである。ひいては消費活動を通じて経済を回さなければ景気は回復しない…、とは一言も書いてない良い話。

  • 表紙とタイトルが気に入って買った作品です。内容としては短編で構成されており、1つの500円玉が短編ごとに違う人に渡っていって手にした人は幸せになるというもの。読みやすかったが、1つ1つの話にボリュームが足りなかったかな。最後の短編で今までの短編の登場人物が色んな形で登場したのは良かった。

全20件中 1 - 10件を表示

幸せのコイン (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幸せのコイン (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幸せのコイン (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸せのコイン (中公文庫)の作品紹介

会社を継がせようとする父親と対立し、自分の夢を実現するために、家を出た社長令嬢。父娘喧嘩の際、煤けてしまった五百円玉が、人々のポケットを渡り歩き、それぞれの人生の岐路に立ち会う。そして最後に辿り着いたのは…。一枚のコインが紡ぐ、ハートウォーミングで、ちょっと不思議な七つの物語。文庫オリジナル。

幸せのコイン (中公文庫)はこんな本です

幸せのコイン (中公文庫)のKindle版

ツイートする