今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)

  • 38人登録
  • 3.90評価
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 岡本綺堂
  • 中央公論新社 (2014年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122059689

今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 続刊をいまかいまかと毎回心待ちにしている岡本綺堂読物集。毎度山本タカトの表紙&口絵も麗しい5冊目がやっと出ました!

    今回は探偵十話とはいえ、怪談・怪奇もののエピソードのほうが多かった印象。「馬妖記」「麻畑の一夜」など、謎の怪獣(文字通り怪しい獣という意味の)が登場するものの、結局正体はわからなかったり、「雪女」とかもう、まんまそのものが出てきて人間では対抗できません。

    どれも一筋縄ではいかないヒネリがあって面白かったけど、中国が舞台の「女侠伝」は前半の幽霊譚から意外などんでん返しがあってとくに良かったです。

    ※収録作品
    「ぬけ毛」「女侠伝」「蜘蛛の夢」「慈悲心鳥」「馬妖記」「山椒魚」「麻畑の一夜」「放し鰻」「雪女」「平造とお鶴」付録「その女」「三国の大八」

  • 帯に2014年秋6巻発売云々書いてあったけど出てないよね…?

  • 収録作品は、
    今古探偵十話: ぬけ毛/女俠伝/蜘蛛の夢/慈悲心鳥/馬妖記/山椒魚/麻畑の一夜/放し鰻/雪女/平造とお鶴、
    附録: その女/三国の大八。

  • 帯表
    『娘を取る・・・。
    その化物が・・・。
    可怪しいな。
    ほんたうかい。』
    古今東西、探偵趣味の横溢する奇譚を集めた好評第五弾

  • 前巻よりもコナンドイル色を感じます。
    こちらも単行本未収載作品が2つ収録されていて、嬉しい。
    今更ですが。表紙絵が作品世界をより魅力的にしてくれてますよね、手元に置きたい一冊です。

  • 本屋で見かけ、ジャケ買いしてしまいました。
    着物の知的眼鏡(伏し目がち)は卑怯だ!
    他の巻も買います。

全6件中 1 - 6件を表示

今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)に関連する談話室の質問

今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)の作品紹介

中国を舞台にした義侠心あふれる女傑のはなしや雪女の怪談、コナン・ドイルばりの怪獣奇譚、そして新聞記事に心をさいなまれてゆく娘の悲劇「慈悲心鳥」など、青蛙堂主人のもとに集う人々がかたりあう、古今東西、探偵趣味の横溢する短篇拾遺集。附録として単行本未収載の短篇二篇を添える。

今古探偵十話 - 岡本綺堂読物集五 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする