誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)

  • 232人登録
  • 3.60評価
    • (8)
    • (24)
    • (29)
    • (2)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 堂場瞬一
  • 中央公論新社 (2015年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061125

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の他のシリーズは、離婚経験ありとか、子連れとか、ある程度の人生の経験を重ねたベテランが主人公である。
    しかし、このシリーズは、、新米刑事の一之瀬拓真が主人公であり、彼の成長物語ともいえる。
    今回は、巡査部長の試験に合格し本庁への異動もほぼ決まりの一之瀬が、捜査での失敗をカバーすべく行動しさらに失敗を重ねると、いささか暴走気味である。
    しかし、度重なる失敗にも拘らず、彼に重い処分は下されない。本人も、背後で何か大きな力が動いているのでは、と想像している。
    この件については、次巻以降で明らかになっていくのではないか。
    捜査の過程で、事件関連の失踪者の探査方法の助言を仰ぐべく、失踪課の高城賢吾を訪ねる(彼はなんと、失踪課室長となっている!)。明神愛美も(彼女の活躍をもっと見たい気がするが)ちょっと顔をのぞかせ、ファンにとってはは楽しい一場面が。

  • 一之瀬シリーズ第3弾。この作品で千代田署の刑事課の話は一区切り。前作でも少し触れていた企業脅迫の事件を軸に話は進む。何度も失敗を繰り返しては、温情を受けて、最後には全て一之瀬の手柄になっちゃうパターンが、飽きてしまうと言えば、飽きてしまうが、優しかった藤島とも次作では離れてしまうようだし、一之瀬の今後の活躍も気になるし、続編が出たら、また読んでしまう気がする。

  • 2016.07.30.読了

    高城さんが登場!
    めっちゃくちゃいい加減な奴みたいで、
    笑えました。
    でも鋭さがある事を一之瀬君にわかってもらえて良かった。

    次からは捜査一課に行くそうで
    しかも若杉君も。
    楽しみ

  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    丸の内のオフィス街で爆破事件が発生。現場の物流企業で事情聴取を行った一之瀬は、企業脅迫事件と直感する。昇進前の功名心から事件担当を名乗り出ると、教育係の藤島からは一人でやれ、と突き放されてしまった。管内で新たに殺人事件も起き…。新米刑事・一之瀬に、自立の刻が訪れる。文庫書き下ろし第三弾。

  • 6

  • 昇進試験に合格し一課への異動が目前となっている刑事の管轄で爆破事件と殺人事件が発生。
    手柄を上げようとはやる気持ちを抑えられずに失敗をしてしまうものの、暖かく見守る周囲の人たちに助けられ見事逮捕に漕ぎ着ける。
    一刑事の成長もメインストーリーとなっているため、事件の謎解きは少々おもしろみに欠ける気がした。

  • 刑事って人の捜査中の心理が解るというもの。ふむふむと思っている内に事件解決!w

  • 6月-11。3.5点。
    ルーキーシリーズ、第三弾。
    大企業に爆破脅迫電話が。警戒に当たるが、爆発。
    一方、深夜の公園で殺人事件発生。
    二つの事件に翻弄される主人公達。
    一之瀬が巡査部長へ、昇進間近。
    結構読ませる。次作も期待。

  • 一之瀬刑事シリーズ3冊目。1冊目ではルーキーだったけど、1冊進むと1年経ってて、この度昇進試験に合格したらしい。昇進を前に一つ事件が。今回、一番いろいろ起きる!また、事件以外にも彼の回りにいろんな力が働いている様子が。シリーズは続いていくというので、この先も読んでいきたい。それにしても、堂場さんの作品はいろんなシリーズがありすぎて、どれを読んでどれを読んでいないのかわからなくなりそう~

  • 新人刑事の成長シリーズ第三弾。
    一之瀬くん大失敗しちゃったね。。。
    このシリーズは捜査一課に舞台を移して続くらしいので、これからどう成長していくのか楽しみ。

全20件中 1 - 10件を表示

堂場瞬一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)の作品紹介

丸の内のオフィス街で爆破事件が発生。現場の物流企業で事情聴取を行った一之瀬は、企業脅迫事件と直感する。昇進前の功名心から事件担当を名乗り出ると、教育係の藤島からは一人でやれ、と突き放されてしまった。管内で新たに殺人事件も起き…。新米刑事・一之瀬に、自立の刻が訪れる。文庫書き下ろし第三弾。

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)はこんな本です

誘爆 - 刑事の挑戦・一之瀬拓真 (中公文庫)のKindle版

ツイートする