化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)

  • 332人登録
  • 3.47評価
    • (8)
    • (36)
    • (44)
    • (7)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 喜多喜久
  • 中央公論新社 (2015年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061231

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ3巻目。

    そろそろだれてくるかな?という心配は不要でした。
    このシリーズの好きなところは
    化学という結果・答えがはっきり出るものを
    扱いながらも、登場人物たちの感情のような
    曖昧な部分が自然に描写されていて、
    いい具合に物語の中でバランスがとれているところです。

  • 理学部准教授、ちょれえ。

    ……というのが、キュリーシリーズを初めて読んだ時の感想でした。だってさぁ、上目遣いくらい自然にできますよ男女の身長差があれば。「結構好きですよ」「さすが沖野先生です!」くらいなら舞衣さんでなくたっていくらだって言えますよ舌動かすのはタダだもん。なのにカップがっちゃんと取り落とすほど動揺しちゃってあらまぁ。
    でも理系の男性には多かれ少なかれそういうところがある気がします。イケメンで優秀でも、男子校育ちで理工系の学部に行っちゃったりなんかすると女性と触れ合う機会がほぼ皆無なので、ものすごーくハイスペックな割に信じられないくらい初心な方が一定程度散見されます。しかし逆に女子校育ちの文学部女子はちゃっかり彼氏作ってる子ばっかりだったけどあれはどういうことだろう……というのは置いといて、そのあたりうまい感じにデフォルメされたキャラだと思います沖野先生。

    そんな理学部准教授は、3巻でもやっぱりチョロかった。
    そんなさぁ、手作りクッキーなんてさぁ。お菓子たまに作りたくなるんですよ一部の女性は。だけど一人分なんか作れないんですよ、どうしたって余るんですよ。それをまあ、追いかけてくるほど執着しちゃってニヤニヤ。脳裏に甦る記憶――そういえばバレンタインに手作りチョコ余ったから工学系の研究室にばらまきに行ったら女神のように崇め奉られたことあったな。皆けっこうなイケメンで優秀な研究者の卵でモテそうだったのに。

    と思ってたら。
    さらにチョロそうな人が来た。

    新キャラ氷上先生。
    沖野先生の兄弟子にあたる方らしいのですが、沖野先生に負けず劣らずツンデレ。何だろう、村雨研究室はツンデレ養成所でしょうか。村雨不動大先生はツンツンツンデレなおじいちゃん先生を期待しちゃっていいんでしょうか喜多先生! 思えば沖野先生の研究室の聖澤女史もクーデレだし、氷上先生の教え子の服部君(新キャラ)はちょっとヤンデレチックだったけど……受け継がれるデレ気質。
    氷上先生はオムライスがお好きと。ギャップ萌えですか。わあますますチョロい。
    いやもちろん、真面目なキャラクターですからチョロいといっても色仕掛けで単位もらえたりメイド喫茶ばりのオムライスにケチャップハートでおいしくなぁれ♪ で喜ぶとは思いません。しかし、夜遅くまで研究室に残っている氷上先生のためにオムライスにラップかけて冷蔵庫に入れておいて『お疲れ様です。あまり無理しないでくださいね』とかメモを添えておけば涙目で食べてくれるタイプだきっと絶対間違いない(独断)。

    ↑ここまで、6/23予約取り寄せにて購入し読了後の感想。

    そして本日6/24再読。に先立ち、喜多先生が「沖野の母校は東大イメージ」とおっしゃっていたので、授業終了後ぶらっと自転車で半周してみました。
    キュリーシリーズの大学描写は妙に東大を彷彿とさせます。
    いえわかってます。四宮大学は、私大です。
    理学部、工学部、薬学部、医学部、農学部と理系だけでも旧帝並のバリエーションを誇っていようと、現代日本の私大は早慶ですら理系は理工学部にまとめられていようと、小さな私大なのです。
    正門入ってまっすぐ奥が講堂という描写に、ファミマの前に立って信号待ちをしている時の、本郷通り沿いの白い正門の奥に見える安田講堂がありありと思い浮かべられても! 四宮大学は小さな地方の私大なのです。
    などと思いながら正門前からスタート。「沖野の母校は東大をイメージして書いています。(弥生門のあたりとか)」との喜多先生のお言葉を思い出し、弥生門から出て右へ。おお、本書第4話『化学探偵と見えない毒』で沖野先生がカバン引ったくられたのはこのあたりかーと思いつつゆるい坂を下る。池之端門から再び構内に入り、龍岡門方面へ。本部棟を右に見つつ、舞衣... 続きを読む

  • 沖野先生、それは凄く遠回しな告白ですか?
    絶対伝わりませんよ

    氷上先生と舞衣のボケとツッコミみたいな関係、なかなかいい・・可愛い。
    氷上先生にはちょくちょく沖野先生の舞衣に絡みにいってほしいな

  • 化学探偵というコンセプトからどんどん離れていき、単なる学園ミステリーっぽくなってきた。
    軽く読めて悪くはないものの、もう少しエッジを効かせて欲しいところです。

  • (収録作品)化学探偵と呪いの藁人形/化学探偵と真夜中の住人/化学探偵と化学少年の奮闘/化学探偵と見えない毒

  • 双子の話、ガスマスク男の話、犬の癌治療薬の話、鍋パーティーの毒の話。

    2番目の話がイイハナシダナーになりそうなんだけれど、本当に主人公の七瀬さんが余計な好奇心発揮しすぎてて絶対この人、今までにいらんことして人傷つけてると思う。
    最後の話は実際に一番ありそうで学生サークルの闇だな。

  • 正直言って、とても面白いとは思わないが、目の前にあると、ついつい読んでしまう短編ミステリかな。

  • 【収録作品】化学探偵と呪いの藁人形/化学探偵と真夜中の住人/化学探偵と化学少年の奮闘/化学探偵と見えない毒 
     肩の凝らない理系ミステリ。

  • 化学探偵③

    ・話の主幹は、普通の日常生活の人助けな様相?
    ・化学的な要素は、後付けに近い感じ。
    ・沖野準教授の過去を少し垣間見る。
    ・大学の庶務課には、課長と七瀬事務員しかいないの?
    ・タイトルと表紙に魅了され、あるいは騙され?④以降も付き合おうか思案中。

  • ・科学探偵と呪いの藁人形
    呪いの藁人形。。。
    懐かしいなぁ。。。
    地獄少女は流行ったころに藁人形をブログで公開したら欲しい!
    と、
    言われて合計で40体くらい作ったっけ?
    あれから依頼がないのは、
    効果がなかったからなのか、
    呪いたい人を呪いつくしたからなのか。。。
    気になるなぁ。。。

    七瀬舞衣は昔ソフトボールのピッチャーだったみたいですね。
    活躍されてたようです。
    で、
    球王杯なる四宮大学のソフトボール大会にでることに!
    つか、
    沖野先生が全く見えないほどの剛速球を投げるみたいですね。。。
    つか、
    柏葉教授が号泣する結果に!
    嬉しいかそんな勝ち方で?!

    藁人形でした!
    こっちはどうでもいい話で。。。
    ドーピングって残念すぎるしなぁ。。。
    残念な人が多くないかこの小説!

    ・科学探偵と真夜中の住人
    ガスマスク男ですよ!
    冬はまだ平気ですが、
    夏は無理。
    すねに布が当たるとアカンみたいで、
    冬も大事を取って短い靴下で済ませえてる僕です。
    これは、
    ガスマスク男こと松尾君の気持ちはわかるわ。
    この話は、
    わりと好きです!
    ちゃんとまとまってて説得力もあるんで!

    ・科学探偵と科学少年の奮闘
    烏丸大輔君はセンセイを救いたい!
    と、
    あの炎の魔術師事件の時の勇太君経由で魔術師のことを聞き、
    訪ねてきたのです小学生である烏丸君が!
    凄い行動力よね。
    で、
    烏丸君が沖野先生を訪ねてきた理由は癌の薬を作りたいってことでした。
    センセイという名の犬の癌を治したいんだそうです!
    で、
    ステキなできる小学生にチカラを貸すことにした沖野先生!
    問題はセンセイの飼い主の能勢先生なんだ!
    これがまた、
    犬と同じで癌なんですよ。
    このややこしさから事件が発生してしまったのです。
    で、
    その犬の癌の薬なんですが、合成は失敗。
    作れませんでしたが、
    沖野先生の計らいで本物の薬の方をGETしていた沖野先生グッジョブ!
    もちろん、
    沖野先生から烏丸君へプレゼントされました!
    そして、
    襲われちゃったんですね、奪われちゃったんですね薬も。
    で、
    襲った犯人は・・・。
    推理した沖野先生が向かった先は!
    残念な事件だなぁ。。。
    醜い!

    ・科学探偵と見えない毒
    氷上一司さんは、
    沖野春彦が昔いた大学の先生。
    沖野さんを連れ戻すためにやってきたみたいですな。
    鍋の事件はどうでもよくて、
    連れ戻しの方が気になってしまうわ!
    と、
    過去のお話。。。
    どこでも似たような話はあるけど、やっぱり残念だなぁ。。。
    なんで、
    こんなに残念な人が多いんでしょう?
    とりあえず、
    四宮大学に居続ける感じでよかったで沖野先生!

    このままいくと、
    やっぱり沖野春彦x七瀬舞衣になりますよね!
    そっちの展開も楽しみにしておりますぞ!

  • 沖野准教授、こんなだったかな?
    キャラ設定が最初の頃と少し違った感じがした、気のせいかも。
    架空の土地なのだけど、作者がかつて住んでいた兵庫県エリアの名前を少し変えた名前で出ています。

  • シリーズ第3弾、4つのお話が入った短編集。三番目の癌に侵された犬の為に抗癌剤を作ろうと頑張る男の子のお話が好きでした。作る過程が興味深かったですね。ただ事件の解決部分がちょっとモヤモヤした。あと最後のサークルの事件もその後どうなった!って感じでこちらもモヤったな… 沖野先生と舞衣の関係が微妙に変化してるようなのでこの2人の今後には期待がw でも沖野先生にはあまりデレてほしくない気もするわ~♪

  • 大学内の謎とか事件はどうしてこうワクワクするんでしょう。
    舞衣と沖野先生のやりとりも第三者として妄想かきたててまだまだ続きを読みたいです。

  • ◎化学ミステリーをスッキリ解決!

    Mr.キュリーシリーズの第三弾。四宮大学の事務員七瀬と准教授沖野(=Mr.キュリー)が、学内で起こる4本のミステリーを解き明かす第三弾。

    今回は、呪いのわら人形、深夜に研究を行う学生の謎、犬のガンを治す薬を作りたくて頑張る男の子、毒?入りの鍋・・・全部で4編。

    現役製薬会社研究員が書いていることもあるのか、話題になりがちなアレルギーや中毒を科学者視点で書いてあって、読み進めていて臨場感もある。いずれにせよ読んだ後はこの先生すげ~と気持ちよくなる。

    Mr.キュリー本人が化学知識を持ってミステリーを解決する流れももちろん重要だが、学内で起こるミステリーを呼び寄せる七瀬が一人ひとりに寄り添って愚直に解決しようとしている姿はとても美しくみえる。ここもまた何度も読みたくなるポイント。

    また、ツンデレの沖野と天然の七瀬の関係は進展・・・するのか!?
    乞うご期待。

  • 化学好きで手に取ったシリーズ
    ミステリの要素は薄く感じるけど、ガリレオ程重くもないので、化学に抵抗を感じる人にも楽しめるかな?
    沖野先生のツンデレな感じがいいな笑

  • 毒キノコかと思った。物騒な大学だな。

  • シリーズ第3弾

    化学を絡めた、人の死なないミステリー(?)
    いつも楽しみにしています。

    ラストは、なんだか途中? 次に続く?

  • このシリーズはおもしろい。表紙も好きです。

    3巻になると少し事件の規模は小さくなって、人物の背景や設定に関したエピソードが多くなっていると思う。
    ドラマ化しそう。沖野教授は誰かなー。沖野のイメージは阿部寛なんだが、そうすると「なぜベストをつくさないのか?why don`t you do your best?」とか言いだしそう。沖野はもう少し若いか。キャストを想像するのもすごく楽しい。

  • 殺人の起こらない謎解きとラブコメ調のストーリーなので可愛らしい。
    恋愛部分もほぼ変化は無いのですが、その分気軽に安心して読めるかな。

  • 登場人物や話が好きなのは勿論の事、「化学…勉強しよう…」と思わせてくれる点でも素敵なシリーズです。帯に"因縁のライバルが登場"と書いてありましたが氷上先生がライバル視してるだけであって沖野先生はそうでもないような。ラストの"好奇心は猫を殺す"の件は心の中でニヤニヤが止まりませんでした。化学知識からイギリスの諺まで、毎回毎回知らなかったことがたくさん出てきます。次巻にも期待です。

  • シリーズ3作目です。
    すっかり、キャラクターもこなれてきまして、安定感も出てきましたが…、

    クロロホルムを嗅がされた!といぅ被害者を、最初に疑ぅべき…。
    アーモンド臭がしたので青酸カリで殺された!といぅ推理は、大間違い!?

    といったミステリーのド定番を、
    化学者視点からバッサリと切り捨てるのが、本シリーズの最大の面白み!?
    だと思ぅんだけど…、本作品では、その辺りは満足できなかったかもです。

    それでも、お気に入りのシリーズの1つなので、次回作も期待してますね!

  • もう三巻。
    同じ理系男子でも、
    ガリレオ先生と似て非なる物。
    不器用さが楽しいのです。

  • なんだかキャラが確立したというかこの先もどんどん続けていけそうな熟成さを感じる。化学とはいえそれほど非日常的なテーマでないことも好感度アップ

  • 沖野先生をめぐる三角関係(?)が四角関係(?)に進化した!……ということで良かろうか?まあ四人中生物学的に♀なのは一人なのはさておきますが。感想を書く段になって思い出した前巻ラストの伏線って今回出てきたっけ?と思いつつ、色々突っ込みたかったり消化不良だったりしておりました。とりあえず七瀬さんは助教の先生をさん付けで呼べる程偉い事務員だということはよく分かった。 (と思ったけど、よくよく考えてみたら大学や学部によって違うのかもなーと上記感想を別サービスで書いたところ、コメントをいただいて思ったので補足しておきます。)

全29件中 1 - 25件を表示

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)の作品紹介

体調不良を引き起こす呪いの藁人形、深夜の研究室に現れる不審なガスマスク男、食べた者が意識を失う魅惑の"毒"鍋。次々起こる事件を、Mr.キュリーこと沖野春彦と庶務課の七瀬舞衣が解き明かす-が、今回沖野の前に、かつて同じ研究室で学び、袂を分かった因縁のライバル・氷上が現れた。彼は舞衣に対し、沖野より早く事件を解決してやると宣言し!?

化学探偵Mr.キュリー3 (中公文庫)のKindle版

ツイートする