食味風々録 (中公文庫)

  • 49人登録
  • 3.40評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 阿川弘之
  • 中央公論新社 (2015年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061569

食味風々録 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かったのか?食べ物のエッセイ、僕は大好きなのだが?少し古かったのか。 吉本さんの【開店休業】を思い出してしまった。佐和子も、ばなな、食べ物に関しては、かなりの良い味だすよね。 すみません 敬称を付け忘れました。 クロネコでした。

  • 尾道旅行のお供に選んでみたら、ご本人は広島市出身、尾道にゆかりの深い志賀直哉の最後のお弟子さんでもあるそうで。尾道の料亭でのお話も載っていて、偶然とはいえなんてドンピシャな本を選んだと自賛しました。
    阿川佐和子さんの食へのこだわりをみるとお父様の阿川弘之さんも相当なものだと思われますし、こんなタイトルのエッセイをお書きとなれば、さぞや美味しいものの話が出てくるに違いないと期待も高まります。残念ながら時代的にも経済的にも隔たりがありすぎて、このエッセイに出てくるものはほとんど食べたことがないのですがそれでも想像力をかき立てられ、お酒の銘柄や飲み方なんかはまんま参考にさせていただきました。また各分野で名をなした方々との交流も興味深く、画家の梅原龍三郎夫妻とのパリでの食事は不首尾に終わったようですが羨ましくて思わず声を上げそうになりましたし、向田邦子さんとのたった一度の対談も実際の記事をリアルタイムで読んでみたかったと悔しくなりました。巻末の阿川佐和子さんとの対談も掛け合いが面白く、「子供に人権はない」と仰ったという逸話からは想像もできないほど親しみやすい父親像が垣間見えます。
    美味しいものを食べるのに手間を惜しんではいけない、それはまさにその通りだと感じつつも、何かと理由をつけて暴飲暴食に走ってしまう我が身にはきつい一言も出てきます。日々、満腹になるよりも気持ちが満たされる食事をとりたいものだと思います。そのためには仕事もいないといけないし、何より自分の料理の腕を上げねば。あの阿川氏だって美味しいもののためにお台所に立ったんですから。

  • 作家阿川弘之の食に関するエッセイ集。小説としては海軍をテーマにした作品が多く、私にとっては硬い、右派というイメージがあった。しかし娘・阿川佐和子のエッセイに登場する「父」としての阿川弘之は時にワンマン、時に強権、時に子供のようにわがままと昭和の父親を彷彿とさせる。そんな作家のエッセイとは?と興味を持ち、このエッセイを読んだ。
    阿川佐和子のエッセイでもその美食家ぶりが垣間見られるが、このエッセイはその食に関する知識の広さ、おいしいものに対する追求心を披露している。またユーモアを交え、クスリとさせられる文章で読みやすい。だからといって崩れた文章ではなく、常に美しく正しい日本語を心がけていた作家だけにこのエッセイの文章もリズミカルで日本語の美しさを大切にしている。
    阿川弘之は志賀直哉の最後の弟子といわれ、このエッセイにも私にとっては文学史上の作家、志賀直哉自身が登場、また自身は「第三の新人」といわれた作家グループ(遠藤周作、吉行淳之介)のひとり、開高健、北杜夫など私が学生時代によく読んでいた作家たちとの交流も書かれていることが興味深く、また阿川弘之を含めほとんどの作家が鬼籍に入っていることに時代を感じさせられた。

  • 阿川先生の作品は読んだ事がありませんでした。でも、今日このエッセイを経験し阿川作品これから読みますよ。
    巻末の娘、佐和子さんとの対談も素敵です。

  • 図書館で。
    なんて言うのかこういうの読んでいると未婚女性が増えたのってなんかわかるなぁと思ったり。家にずっといて口うるさくて料理にうるさいダンナとかホント勘弁。奥さん大変だったろうなぁ。
    作中、阿川氏も料理を作られるのですか?というイヤミを頂戴したという辺りに笑ってしまいました。そうそう。これだけ手順とかうるさく書くなら自分で作るのかって思っちゃうよねぇ。

    でもいくら美味しいからと言って人様の分に手を付けたり、同じ料理を2皿も3皿もたいらげるのはあまり感じ良くないなぁと思いました。男性は好きと思ったものだけを腹いっぱい詰め込むのが好きなのかなぁ?女性はどちらかというと色々なものをちょっとづつ味わいたいって人が多い気がする。まあ人によるとはおもいますが。

    アクの強い野菜をゴマ油で炒めて醤油をかけ、そうめんのおかずにするってのは一度やってみたいな~ 茗荷をその薬味にしても美味しそう、なんて思いました。

  • 阿川さんの本が読んでみたくて、とりあえず読みやすそうなエッセイから入ってみる。海軍時代のことなども予想以上に書かれていて興味深かった。

  • 素敵だった

  • なんだか、やっと読み終わった。残念ながらボクには合わない本であった。

  • 20151002 手術で入院中の時間を過ごすために買った。病院のご飯との対比もあり参考になった。退院したらと考えていたがもともとの味覚はそんなには変わらないという事。これからも参考に読み返したい本だ。

  • -

    生まれて初めて食べたチーズ、向田邦子との美味談義、海軍時代の食事話など、多彩な料理と交友を綴る、自叙伝的食随筆。〈巻末対談〉阿川佐和子〈解説〉奥本大三郎

全11件中 1 - 10件を表示

阿川弘之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
伊集院 静
宮下 奈都
又吉 直樹
あさの あつこ
ピエール ルメー...
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

食味風々録 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

食味風々録 (中公文庫)の作品紹介

生涯最初のチーズの味、向田邦子との美味談義、海軍時代の仲間との旨いものの縁、文士たち贔屓の老舗の鰻、食堂車の思い出…、記憶の中の多彩な料理と交友を綴る、自叙伝的食随筆。巻末に、阿川佐和子との父娘対談「父さんはきっとおいしい」を収録。第五三回読売文学賞(随筆・紀行賞)受賞作。

食味風々録 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする