任侠病院 (中公文庫 こ)

  • 432人登録
  • 3.91評価
    • (29)
    • (89)
    • (35)
    • (4)
    • (0)
  • 58レビュー
著者 : 今野敏
  • 中央公論新社 (2015年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122061668

任侠病院 (中公文庫 こ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「任侠書房」・「任侠学園」に続く、任侠シリーズ第三弾。

    正統派ヤクザ(?)の阿岐本組。
    所帯は小さいけれど、地元の皆さんのため日夜、努めている。
    ここに描かれる”ヤクザ”は憎めない存在。
    組長の阿岐本、代貸の日村、組員たち。
    みんなキャラクターが良い!

    潰れそうな病院の正しい立て直し方。
    それを見たようで、面白かった。

  • シリーズ第三弾。阿岐本組みたいな正統派のヤクザはいるのだろうか。いて欲しい気もするけれど、今の時代では生きにくいだろうな。昔が良かった、とは言わないけれど、今にない良さがあったことは確かだ。地域の絆、人と人との絆。
    全二作とはラストの解決方法が少し違って良かったかな。少しマンネリかな、と思いつつ、相変わらず読み終わったときに、心が温かくなるので好きなシリーズ。それにしても日村さん、今回は形無しじゃないですか。

  • 任侠シリーズ第三弾。

    今回は潰れそうな病院を立て直すために奮闘。
    病院の経営難の背景には、関西の大きな組の存在があり、抗争になりかねない。
    さらに事務所には追放運動の団体が押し掛けてきて…。

    過去の二作より危ない橋を渡っているのは明らかなのに、相変わらず余裕の組長さん。
    言葉ひとつひとつに重みがあって、かっこいい男って感じです。
    今作は特に、ヤクザたち以外の登場人物も魅力的な人が多かった気がします。

  • 阿岐本組の世直しシリーズ、病院編。世間の様々な変化によって生き残りをかけての改革に取り組みます。結局は基本的な方法によるわけですが、大事なのは「人」なんですね。3作シリーズの第3弾を読んでしまったのですが、前作品も読みたくなりました。
    このシリーズ、阿岐本組の皆さ~ん、今大変な国会、東京都もぜひ世直ししてください!と言いたくなる一冊でした。

  • 面白かった!
    組長がいつになく活躍!
    生まれながらの女たらし・真吉君のもて技に感心!
    病院の人達のプロ意識と仕事ぶりに素直に敬意をはらえる日村さんは、本人もやっぱりプロ中のプロだ。

  • 三巻を読んで初めて指定暴力団ではないという存在であること知りました。ごめん阿岐本組さん……。
    毎回出てくる刑事さんの存在が食えないのかやる気がないのか分からなくて「今回こそ裏の顔が見えたり!?」と期待しましたが、ただただ気苦労と仕事量の増加が嫌な方なのかもしれないなぁと思い始めました。
    阿岐本組は家族じゃないけど、皆でご飯を食べる風景はとても心がほっこりしました。
    見事なお裁きじゃないけれど、病院の復活を願います。面白かった!

  • 任侠シリーズ第三弾。
    なんとも言えないテンポがいい。毎度の展開なんですが、それもまた楽しめる。
    第四弾が楽しみです(^^)

  • シリーズ3作目。今回は、病院の立て直し。相変わらず、日村さんの気苦労は絶えませんが、ここぞって時の阿岐本組組長の貫録は、さすがでした。今回も、面白かったです。4作目も出てほしい。

  •  シリーズ第三弾。今回はヤクザが潰れかけの病院を建て直す話。
     現代の病院が抱える過酷な状況をさりげなく描きながら、これまでのシリーズ同様、ヤクザの親分が人間の本質をついた数々のアイデアで、内部から病院をよみがえらせていく。

     地元の立ち退き話と同時並行になっているため、病院の話が思ったよりも少なかったのが残念だったが、あまり書きすぎるとこのシリーズの軽妙さが削がれてしまうのだろう。
     どの話もヤクザのナンバー2である日村が貧乏籤を引かされ、中間管理職のような苦労を背負いこみながら、必死に仕事をまっとうしようとする姿に共感する。トップの命令がきっちり末端まで伝わるラインが残っているところは、今となってはヤクザか自衛隊くらいなんだろうか。

  • 読み始め…16.9.6
    読み終わり…16.9.7

    今野敏さんの任侠シリーズ第三弾は
    永神のオジキから持ちかけられた病院の立て直し。

    今度は病院ですか。。
    代貸日村誠司はまたもや奔走されることになります。

    それにしても阿岐本組長は
    気まぐれに何にでもすぐに飛びつく懲りないオヤッサンだけど、引き際ときたらなんとも鮮やか。
    ようやく軌道に乗りかけたか...というところでスッと退く潔さが男前。

    適当に~、、とか言っておきながら
    実は堂に入った起業のエキスパートだったりするのかもしれません。

    あまりにも鮮やかな引き際に
    こちらは未練たらたら.....(笑)

    ぜひまた何かやってください♪
    楽しみにしています。

全58件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

任侠病院 (中公文庫 こ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

任侠病院 (中公文庫 こ)を本棚に「積読」で登録しているひと

任侠病院 (中公文庫 こ)の作品紹介

日村誠司が代貸を務める阿岐本組は、所帯は小さいが、世の中からはみ出た若い者を抱えて、天下に恥じない任侠道を貫いてきた。ところが最近、一部の地元民から暴力団追放の動きが起こり、めっきり肩身が狭くなった。そんな中、今回、組長が持ち込んだのは病院の再建話。日村は、個性豊かな子分たちと、潰れかけた病院の建て直しに奔走するが…。笑いあり涙ありのおなじみ「任侠」シリーズ第三弾!

任侠病院 (中公文庫 こ)はこんな本です

任侠病院 (中公文庫 こ)の単行本

任侠病院 (中公文庫 こ)のKindle版

任侠病院 (中公文庫 こ)の新書

ツイートする