歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)

  • 19人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 末國 善己 
  • 中央公論新社 (2016年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122062450

歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 世の刀剣ブームに乗り、
    私も少し齧ってしまいました(^_^;)
    といっても本当の刀剣ファンの方々に比べれば、
    まだまだ何も分からず、
    名前聞いたことある…という程度です。

    色々な刀が関係してくる短編集。
    それぞれの話の最後に、
    その話の元になった刀の説明も付いていて、
    刀が分からなくても充分楽しめる内容です。
    読む人の好みもあると思いますが、
    私はやっぱり宮部みゆきさんの話が
    読みやすく面白かったなぁ。
    刀派や特性を理解していたら
    より楽しめそうなので、
    これから色々勉強していきたいです。

  • その美しく妖しい魅力は、時に人々を助け、また時には心を狂わせてきた。柴田錬三郎、宮部みゆきなど八人の名手と、八振の名刀が紡ぎだす至上の短編集。

全3件中 1 - 3件を表示

歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)の作品紹介

刀剣。それは古来、日本人の魂であった。美しく、妖しいその魅力は時に人を助け、また時にはその心を狂わせてきた-。持ち主を守る時にだけ斬れる刀をめぐる感動の時代ファンタジー「騒ぐ刀」(宮部みゆき)などを収録。八人の名手と八振の名刀が紡ぐ、至高の時代小説短編集。

歴史時代小説名作アンソロジー - 刀剣 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする