女心についての十篇 - 耳瓔珞 (中公文庫)

  • 49人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 中央公論新社 (2017年4月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122063082

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

女心についての十篇 - 耳瓔珞 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 安野先生の挿絵が説のイメージにあった
    いい場面を
    描かれているので
    お得だ という気持ちになります
    やっぱり 川端より織田作之助より
    芥川が可愛いことを 再認識しました
    デートで葱は困るよな

  • 安野モヨコ編:書かれたのはちょい前の時代なメジャー作家のマイナー小編集。
     ■ ■ ■ ■ ■ 
    なんというか…女のひとが生きるのはたいへんそうな。
    ランニングひとつ自由にできんとは。
    と、時代背景の違いにうむむ となったり
    初デートロマンより安売りの葱に心惹かれる様に頷いたり
    あばばばばやるの見られたからって、恥ずかしいもんかぃな、こどもが喜ぶんだもんさ と共感したり
    昔の女人の静かな強さに唸ったり
    私の女心(笑)もたいそう揺れた1冊でした。
     ■ ■ ■ ■ ■ 
    それにしても川端康成や芥川龍之介、案外面白い…!

  • わからないなら、触れてみる? 女の胸をかき乱す、淋しさ、愛欲、諦め、悦び――。安野モヨコが愛した、女心のひだを味わう短篇集シリーズ第二弾。

全3件中 1 - 3件を表示

女心についての十篇 - 耳瓔珞 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女心についての十篇 - 耳瓔珞 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする