古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本清張
  • 中央公論新社 (2017年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122063648

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 邪馬台国をめぐる論争点を詳述し、独創的推理によって大胆な仮説を提示した清張古代史の記念碑的著作。当時随一の研究者との貴重なシンポジウムを初収録。

全1件中 1 - 1件を表示

松本清張の作品

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)の作品紹介

邪馬台国があったのは北九州か、それとも畿内か。女王卑弥呼とは誰か。従来の論争点を詳述し、独創的推理によって大胆な仮説を提示した清張古代史の記念すべき第一著作。牧健二、上田正昭、佐原眞、井上光貞といった当時随一の歴史家・考古学者と本書をめぐって討議した、貴重なシンポジウムを初収録。

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)はこんな本です

古代史疑 - 増補新版 (中公文庫)のKindle版

ツイートする