花咲舞が黙ってない (中公文庫)

  • 261人登録
  • 4.04評価
    • (13)
    • (23)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 中央公論新社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲舞が黙ってない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 銀行の臨店指導グループに所属する花咲舞が、様々な現場に出向いて、問題に気付き、銀行を正していく短編集です。ショムニのような痛快な展開で、池井戸さんの本の中では、好みではありませんでした。小さそうな話から最後は巨悪にたどり着き、正されるのは、面白いですね。

  • ひとりの作者の2つの作品を、異なる出版社が一冊ずつ、同じ日に発売して、コラボしてキャンペーンを繰り広げる、ってのに乗せられて、半沢直樹の次は花咲舞も読んでみる。
    こちら、時代は遡って世紀末、そして、舞が勤めるのは、合併前の東京第一銀行。
    第1話、会社に使い捨てられその腹いせに不正を働く男に、『会社が何とかしてくれるだなんて、そんなのは幻想です!』と投げつける舞。啖呵は小気味良いけど、まあ、私らの世代には耳が痛いよねぇ…。
    と、そうした思いを持って読み進むが、話が進むに従って、そうした小気味良さから離れていき、臨店で見つけ出した不祥事が堂々と隠蔽されるわ、上には目を付けられるわの展開に加えて、産業中央銀行との合併が発表され、合併に向けて両行がせめぎ合いがまた問題を複雑にする。
    舞や相馬には自分の力で不正を正していく力がなく、行内の力学に翻弄されるところが、半沢と違った味付け。
    中野渡と違って、ここの上層部が考えるのは『銀行にとってさしたる痛みを伴わず、同時に程よく対面を保つにしかるべき、ひとつのゴール』ってことで、これが将来へと続く負の遺産。
    若かりし頃のあの人もこの人も登場し、このキャンペーン、半沢→花咲の順で読んだが、全貌の理解にはこれで良かったみたい。

  • とにかく面白い!
    期待を裏切らない。
    そしてあっという間に読み進めてしまう。

    違うだろうけど銀行行くと行員さんをそういう目で見てしまうのは私だけでしょうか。

  • ドラマが好きだったので、ドラマを見ている感覚で楽しめた。半沢が登場したのには驚き。半沢と花咲がガッツリとタッグを組むかと思いきや、さすがにそこまで半沢の出演はなかった。池井戸潤は実際のあの銀行の合併を体験して大変だったのだろうな。合併後はどちらのシステムを採用するかなどリアルな話が興味深かった。

  • まずまずだったか。

花咲舞が黙ってない (中公文庫)のKindle版

ツイートする