花咲舞が黙ってない (中公文庫)

  • 599人登録
  • 3.98評価
    • (54)
    • (102)
    • (52)
    • (3)
    • (0)
  • 70レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 中央公論新社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064492

花咲舞が黙ってない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • 新聞連載の即文庫化という思い切った作品。
    好評だったテレビドラマの再ドラマ化を意識したかと思わせる連作短編。
    読み進めながらも、俳優たちの顔がよぎる。それでも少しも違和感がなく作品に没頭できるのは、テレビの配役の妙か。
    しかし、この小説のドラマ化は無理だろう。何しろ、あの半沢直樹が登場(しかも重要な役割で)し、彼が主人公のドラマは別の局だから。
    紙の上のコラボで満足しよう。
    とにかく、主人公の相変わらずの、曲がったことが大嫌い、そして悪(わる)を決して見逃さない正義感溢れる行動に、爽快感を覚える。
    バブルがはじけ、金融機関の崩壊が相次ぐ時代を背景にした今回の作品。合併を巡る行員たちの行状の迫真さは、内情を知り尽くした元行員の著者ならではのなせる技。

  • 完全にエンターテインメント作品になっていて、ドラマの脚本テイストな、せりふまわし中心の展開の作品で、非常に読みやすく、あっという間に読了しました!
    おなじみの銀行の臨店担当の花咲舞と相馬の2人の活躍を描いた短編7編構成でしたが、このままドラマ化されても、それはそれで面白いと思いますが、花咲舞との直接的な絡みはありませんが、まさかの半沢直樹登場には驚かされました!なのでこの作品通りのドラマ化は難しいと思いますが。

  • ドラマを見ていなかったけれど、杏さんの役は焼きついていて。読みながら、杏さんがやっているようなイメージが。しかし、面白かったなあ。短編集かと思ったら、合併や隠蔽など大きな波につながっていた。池井戸さんのスパッと切っていく解決方法が、こちらでも楽しめた。
    それとともに、途中、きたきたきたきたきたぞ、で、最後でまた、「おー!!」っと。パンチを効かせた演出だなあ。ファンサービスかいな。銀翼のイカロスも読みたくなったな。

  • 花咲 と相馬のコンビが帰って来た。組織には逆らえないのか?花散る舞が狂い咲き。

  • ドラマで初めて見てからの今回の新作。なので前作を読んでいませんが、ドラマの続きを見ているようで主人公の相変わらずのはねっかいり具合が面白かったです。13年振りのシリーズ続編でしたが、次回作を書く予定がないとあとがきに記してあり、少々残念でした。

  • 図書館より。

    面白かった!!まさか半沢さんまで出てくるなんて。
    久しぶりの池井戸作品、楽しませて貰いました(久しぶり過ぎてついていけないんじゃないかと、解説から読んだのは内緒(笑)でも、解説から読んでいたからこそ、すんなり世界観に浸れて良かった)。
    再びの実写化希望!無理かな~(^-^;

  • 世の中の事情が分かってきたのか、舞が多少物分かりが良くなってきたような気がする。しかしながら、銀行の大スキャンダルを掴み、真っすぐに突き進む舞の姿勢は変わらない。でも、半沢直樹を使わずに、舞に啖呵をきって欲しかった。

  • ドラマを見ていませんが、ドラマっぽいストーリー。読みやすく、半沢直樹を登場させたりエンタテインメント感もあって面白かったです。本筋はいつもの池井戸さんのまま、曲がったことは許さない、であり、リラックスして読めました。

  • ドラマのタイトルが逆輸入された花咲舞シリーズ第2弾。
    連作短編小説の形式をとって、銀行の大きな闇を暴いていく。
    ドラマ譲りの爽快感は鳴りを潜めているものの、楽しく読める良作小説。
    100%楽しめるのは間違いない。

  • ドラマ後に連載されて文庫で発売、なので、どうしても視覚的ですよね。
    半沢直樹が出てきたり、とファン向けの一冊ですが、ドラマ見ていなくても十分楽しめます。
    いつもながらの勧善懲悪ですが、ひとつひとつの話がちょっとずつつながって、とちゃんと成立しているからいいですね。

池井戸潤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
三浦 しをん
東野 圭吾
池井戸 潤
池井戸 潤
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする