花咲舞が黙ってない (中公文庫)

  • 470人登録
  • 4.01評価
    • (36)
    • (70)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 中央公論新社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
池井戸 潤
三浦 しをん
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲舞が黙ってない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新聞連載の即文庫化という思い切った作品。
    好評だったテレビドラマの再ドラマ化を意識したかと思わせる連作短編。
    読み進めながらも、俳優たちの顔がよぎる。それでも少しも違和感がなく作品に没頭できるのは、テレビの配役の妙か。
    しかし、この小説のドラマ化は無理だろう。何しろ、あの半沢直樹が登場(しかも重要な役割で)し、彼が主人公のドラマは別の局だから。
    紙の上のコラボで満足しよう。
    とにかく、主人公の相変わらずの、曲がったことが大嫌い、そして悪(わる)を決して見逃さない正義感溢れる行動に、爽快感を覚える。
    バブルがはじけ、金融機関の崩壊が相次ぐ時代を背景にした今回の作品。合併を巡る行員たちの行状の迫真さは、内情を知り尽くした元行員の著者ならではのなせる技。

  • 完全にエンターテインメント作品になっていて、ドラマの脚本テイストな、せりふまわし中心の展開の作品で、非常に読みやすく、あっという間に読了しました!
    おなじみの銀行の臨店担当の花咲舞と相馬の2人の活躍を描いた短編7編構成でしたが、このままドラマ化されても、それはそれで面白いと思いますが、花咲舞との直接的な絡みはありませんが、まさかの半沢直樹登場には驚かされました!なのでこの作品通りのドラマ化は難しいと思いますが。

  • ドラマを見ていなかったけれど、杏さんの役は焼きついていて。読みながら、杏さんがやっているようなイメージが。しかし、面白かったなあ。短編集かと思ったら、合併や隠蔽など大きな波につながっていた。池井戸さんのスパッと切っていく解決方法が、こちらでも楽しめた。
    それとともに、途中、きたきたきたきたきたぞ、で、最後でまた、「おー!!」っと。パンチを効かせた演出だなあ。ファンサービスかいな。銀翼のイカロスも読みたくなったな。

  • ドラマ後に連載されて文庫で発売、なので、どうしても視覚的ですよね。
    半沢直樹が出てきたり、とファン向けの一冊ですが、ドラマ見ていなくても十分楽しめます。
    いつもながらの勧善懲悪ですが、ひとつひとつの話がちょっとずつつながって、とちゃんと成立しているからいいですね。

  • 花咲舞シリーズ2作目は、90年代末が舞台。今の銀行はこんな人はいないですよってことかしら? 池井戸さんの話に出てくる銀行員は、銀行員として悪いと云うよりも人間として最低のやつらが多くて、その描写に読んでて疲れることが結構ある。そんな銀行員時代を過ごされたのだろうか・・・ そう云えば、この連作には銀行は違うがあの半沢直樹が登場。結構重要な役割を果たす。

  • ‪連ドラでもお馴染みの勧善懲悪ミステリー。一話完結でも楽しめるしクライマックスに向けて話が集約していく面白さも両方ある。きっと裏切られない安心感。逆に毛色の違う第5話『神保町奇譚』もまた染みる。さらに“あの作品”とのクロスオーバーまで!よく考えたらそうか。まさに池井戸潤ユニバース。‬

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

  • 半沢直樹出てくるとは。。
    時代設定古いが、タイムリーな内容として読めた!

  • 花咲舞の新作がいきなり文庫に! TVドラマでおなじみのシリーズも、実は13年ぶりの新作らしい。全7話の連作短編集。メガバンクの合併話を背景に、若手銀行員・花咲舞が、自分の信じる正義のもと、空気は読まず、時にブチ切れながら、問題支店や勘違い行員の指導に奮闘していく。閉鎖的で封建的な組織の中で声を上げていくのはかなり勇気がいるが、相変わらず舞の啖呵が小気味いい!ライバル銀行に半沢直樹が登場するのも楽しい。
    読み出したら止められないエンタメ企業小説
    の傑作!

  • 「不祥事」以来のシリーズ第二作。あの人も特別出演。それだけで、もう満足。

  • 一気読み。やはり、池井戸潤は面白い。合併に絡む不祥事の結末には爽快感を覚えた。バンカーとして、組織人として、自身の倫理観を問われる作品。

  • 前作不祥事も読みましたが、本作はドラマに寄せて来た感じ。
    もうまんまテレビの役者さんをイメージして読みました。
    全7作の短編集ですが、やはり圧巻は7話目ですかね。
    エリア51

    半沢直樹も出て来ます。
    面白かった!

  • 一般人には理解不明の企業論理があるんですね。

  • 安定の内容でした。

  • 花咲舞が戻ってきた。半沢直樹も出てくる。
    舞のいる東京第一銀行が不良債権の寄る不振により、半沢の中央産業銀行と合併をもくろむが、今話題の東芝を見立てた東京デンキの不良債権発覚で行内が揉める。最後は元頭取の会長の政治献金問題であわや崖っぷちという所まで来たところで舞達が作った報告書を取り上げた半沢の投げた一等が悪のとどめに。上手くいったが、相馬はそのとばっちりで地方出張所に飛ばされてしまっている。次は予定無しと言うことだが、また続きが観たい。こんな人がいると銀行も少しは救われるがさて。

  • 続編としてドラマ化されたら、みちゃうかな。
    特に産業中央銀行の人が出るなら絶対(o^^o)

  • ドラマはこれも半沢直樹も2回くらいしか見たことなかったけれども、面白く読めました。でも銀行員は大変だなあと感想もついて回る・・・。

  • 2017年09月09日読了。

花咲舞が黙ってない (中公文庫)のKindle版

ツイートする