花咲舞が黙ってない (中公文庫)

  • 268人登録
  • 4.06評価
    • (14)
    • (23)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 中央公論新社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
池井戸 潤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲舞が黙ってない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新聞連載の即文庫化という思い切った作品。
    好評だったテレビドラマの再ドラマ化を意識したかと思わせる連作短編。
    読み進めながらも、俳優たちの顔がよぎる。それでも少しも違和感がなく作品に没頭できるのは、テレビの配役の妙か。
    しかし、この小説のドラマ化は無理だろう。何しろ、あの半沢直樹が登場(しかも重要な役割で)し、彼が主人公のドラマは別の局だから。
    紙の上のコラボで満足しよう。
    とにかく、主人公の相変わらずの、曲がったことが大嫌い、そして悪(わる)を決して見逃さない正義感溢れる行動に、爽快感を覚える。
    バブルがはじけ、金融機関の崩壊が相次ぐ時代を背景にした今回の作品。合併を巡る行員たちの行状の迫真さは、内情を知り尽くした元行員の著者ならではのなせる技。

  • 完全にエンターテインメント作品になっていて、ドラマの脚本テイストな、せりふまわし中心の展開の作品で、非常に読みやすく、あっという間に読了しました!
    おなじみの銀行の臨店担当の花咲舞と相馬の2人の活躍を描いた短編7編構成でしたが、このままドラマ化されても、それはそれで面白いと思いますが、花咲舞との直接的な絡みはありませんが、まさかの半沢直樹登場には驚かされました!なのでこの作品通りのドラマ化は難しいと思いますが。

  • 安定の内容でした。

  • 花咲舞が戻ってきた。半沢直樹も出てくる。
    舞のいる東京第一銀行が不良債権の寄る不振により、半沢の中央産業銀行と合併をもくろむが、今話題の東芝を見立てた東京デンキの不良債権発覚で行内が揉める。最後は元頭取の会長の政治献金問題であわや崖っぷちという所まで来たところで舞達が作った報告書を取り上げた半沢の投げた一等が悪のとどめに。上手くいったが、相馬はそのとばっちりで地方出張所に飛ばされてしまっている。次は予定無しと言うことだが、また続きが観たい。こんな人がいると銀行も少しは救われるがさて。

  • 続編としてドラマ化されたら、みちゃうかな。
    特に産業中央銀行の人が出るなら絶対(o^^o)

  • ドラマはこれも半沢直樹も2回くらいしか見たことなかったけれども、面白く読めました。でも銀行員は大変だなあと感想もついて回る・・・。

  • 2017年09月09日読了。

花咲舞が黙ってない (中公文庫)のKindle版

ツイートする