花咲舞が黙ってない (中公文庫)

  • 261人登録
  • 4.04評価
    • (13)
    • (23)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 池井戸潤
  • 中央公論新社 (2017年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122064492

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
村田 沙耶香
東野 圭吾
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印

花咲舞が黙ってない (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 【2017年12冊目】
    まさかの半沢登場!読み応えたっぷりで面白かったです(o^^o)
    このシリーズもまた読みたいなー

    半沢シリーズはもうでないのかな?!

  • 久々の池井戸潤の銀行系作品。
    軽快な内容、かつ素晴らしくサクサク読めた。一応同じ金融機関職員として、やはり身近に読めるのかな。
    そして同じなだけに、このまま今の会社に居続けるのは本当に正解なのか…?と改めて思ってしまった(笑) 身近なところがあるだけ、自分に投影して考えさせられてしまう……

  • 花咲舞が銀行内の闇を暴く「不祥事」の続編。前作同様花咲と相馬のコンビのやりとりが面白く、行内の不正を正していくのは痛快だった。
    池井戸作品では銀行の名称が色々な作品でこれまでもリンクしていたが、この作品では他の作品の登場人物も出てきてそこも面白かった。

  • その日、東京第一銀行に激震が走った。頭取から発表されたライバル行との合併。生き残りを懸けた交渉が進む中、臨店指導グループの跳ねっ返り・花咲舞は、ひょんなことから「組織の秘密」というパンドラの箱を開けてしまう。隠蔽工作、行内政治、妖怪重役・・・このままでは我が行はダメになる。花咲舞の正義が銀行の闇に斬り込む痛快連作短篇。(2017年刊)
    ・第一話 たそがれ研修
    ・第二話 汚れた水に棲む魚
    ・第三話 湯けむりの攻防
    ・第四話 暴走
    ・第五話 神保町奇譚
    ・第六話 エリア51
    ・第七話 小さき者の戦い

    読売新聞の連載をいきなり文庫に。
    「ときは世紀末の頃である」という。東京第一銀行と産業中央銀行が合併して、東京中央銀行になるのだという。合併した銀行が、半沢直樹の世界と繋がっているのだが、本書には、産業中央銀行で手腕を振るう半沢直樹がちょこちょこと活躍するのも嬉しい。花咲舞が筋を通すところが痛快で面白い。
    いくつか、気になる言葉があったが、最後の「どこへ行ってもそれなりにやっていくのは大変なことだ」という言葉は、味わい深く身にしみた。

  • いつもながらに思う。
    組織の正義とどう向き合うか。
    自分の正義とどう向き合うか。
    流れるか、流されるか、
    それでも抗うか・・・。

  • テレビドラマ先行で見ていた池井戸作品ですが、人物設定をドラマに寄せてきただけあって


    杏と上川さんのイメージにピッタリな感じでした。

    短編集約ということで分かりやすい。

    ゆるやかに繋がっているのも、後半にかけて盛り上がりがあり

    さすが池井戸さんの本だと思いました。

    相変わらず金融や銀行知識が満載で、その点もすごく勉強になります。

    もう一人の人気キャラクター半沢直樹も登場で、視点もおもしろい。

    大満足の一冊でした。

  • てっきり昔の作品をドラマと同じ名前で再発売したのかと思っていたら嬉しい誤算。安定の面白さだったし、パワーアップもしていたね。まさかのあの男も登場とはびっくりした。

花咲舞が黙ってない (中公文庫)のKindle版

ツイートする