源氏物語(中)―マンガ日本の古典 (4)

  • 12人登録
  • 2.25評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 長谷川法世
  • 中央公論社 (1996年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784124032826

源氏物語(中)―マンガ日本の古典 (4)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おそらく少年少女向けの「マンガ日本の古典」シリーズにおいて長谷川法世さんが全3巻で描いた『源氏物語』の中巻。
    内容は『澪標』から『梅枝』まで。

    すでに多くの訳者さんの全訳を何度も読み返している身からすると、これでは源氏の楽しさが伝わらないのでは…というのが本音。

    ターゲット的な問題なのか、恋愛要素がかなりドライに描かれているので、登場人物に全く共感できない。
    つまり源氏が単なる勘違いブ男にしか見えない。

    建物や調度のしつらえなどは、それなりに忠実に描かれていて、なるほどと思ったところもありました。

    でもね。
    まんがで興味を持たせるってことならば大和和紀さんの作品が本当に素晴らしいし、大人の方でアダルト路線を求めるのならば牧美也子さんの作品のほうが、はるかに楽しめるんじゃないかな~?

  • 誰が誰やらよう分からんまま頁を繰る。

  • 相変わらずの色恋沙汰の中、一人落ち着き払ってわが道を行く花散里さんが素晴らしい。

  • 2005年1月22日

全4件中 1 - 4件を表示

長谷川法世の作品

源氏物語(中)―マンガ日本の古典 (4)はこんな本です

源氏物語(中)―マンガ日本の古典 (4)の文庫

ツイートする