蝶々夫人 (マンガ名作オペラ5)

  • 27人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 里中満智子
  • 中央公論新社 (2004年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784124034707

蝶々夫人 (マンガ名作オペラ5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イタリア プッチーニの作品
    「蝶々夫人」 「トゥーランドット」 「ラ・ボェーム」。


    一途な愛で三作品とも、でしゃばらない可憐で無垢な女性が登場します。

    日本が舞台の蝶々夫人の、愛の深さには脱帽です。

  • どっかで見たことのあるマンガ家さんだなあ~。
    大御所みたいやけど。
    蝶々夫人がよかった。身も心も捧げた相手に裏切られても、それでも清く美しい蝶々夫人。
    男を見る目はなかったけど、15歳ではしかたない。
    アメリカ人の男がダメダメ過ぎて逆によかった。

  • プッチーニ《蝶々夫人、トゥーランドット、ラ・ボエーム》

  • 2010年10月7日

    <Comics The masterpiece of opera 5 Madama Butterfly>
     
    装幀/こやまたかこ
    作画アシスタント/大宮良子、野村有美、横川知子

全6件中 1 - 6件を表示

里中満智子の作品

蝶々夫人 (マンガ名作オペラ5)はこんな本です

ツイートする