闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)

  • 637人登録
  • 3.95評価
    • (111)
    • (47)
    • (125)
    • (0)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 茅田砂胡
制作 : 沖 麻実也 
  • 中央公論社 (1997年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125004822

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公式の場に姿を現したリィ。
    もちろん着飾って、神々しいまでの美しさを放ち、
    尊厳に満ち、『きちんとした対応』をしている。やればできるじゃないか。
    (ポーラに泣き落とされ、しぶしぶの態ではあるが)
    これがウォルのためでなく、ポーラのためというところがリィのオトコマエなところだ。

    国交復活の祝賀パーティなんて盛大にやってるコーラルでは、主だった登場人物が皆、一応のゴールインをし、なにやら彼の首都の空気はバラ色に染まってるが、その水面下では、両隣国と北の果てスケニアがキナ臭く。

  • 獅子の紋章を象った招待状が届けられ、使者が大陸全土からコーラルに赴く。豪華な式典の背後でタンガ・パラスト両大国は飽くことなき権力への執念に策動し、周辺諸国と大華三国のかかわりは微妙にかわり始める。ウォルとリィは毅然と顔を上げ、互いの手をとり大広間に踏み出した。偽りの宴が始まる…。

    (感想)
    国交回復記念式典にリィが居なくては参加しない、というポーラの意見から、周りも協力し、どうにか今回だけという約束でリィが参加。その姿たるや、当代一とよばれる歌姫・シャーリーもひきつる位の美しさ。やはり見せ場はリィの国交回復記念式典での立ち振る舞いです。その席でナシアスの妹・アランナは偶然にも、過去に助けたヴァンツァーと再会。しかし、それがきっかけでアランナはファロット一族に狙われる羽目に。シェラとリィの助けもあって無事、難をのがれるのですが。そしてこの巻では、ジルがアビーとの結婚を決め、ナシアスとレティーナの関係も一歩進み、シャーミアンはイヴンのところへ押しかけ女房になる、と現れ…。今巻の始めではバルロに双子の子供が出来ていますが、次巻ではいよいよ結婚するカップルが出るかな…?

  • デルフィニア、平和だなぁ。国王とその側近たちが何をやってるのかといえば、王妃をパーティに出席させようと画策したり、他人の恋路を応援したり。ウォルはぬらりひょんの化け物らしい。ナシアスを応援するバルロが好き。いつもは皮肉ばっかり言ってるけど、ナシアスのことは、間違えずにしっかり力になってる。いい友だちだなぁ。最後のシャーミアンにはびっくりした!ウォルが間に入ってちょっとがっかり。イヴンに答えて欲しかったな。

  • 本格的な戦の前の水面下でざわつきはあるが,いろいろなカップルがまとまった卷.そして,リィに忍び寄る魔の手がどんどん増えて来て,少し心配になって来た.

  • 20160622 読了

  • デルフィニア戦記#13

  • バルロとロザモンドの結婚に合わせて王宮主催の宴を催し愛妾をお披露目する。
    イヴンの悪友がキルタンサスの総督として現れる。

    ナシアスとエンドーヴァー夫人、イヴンとシャーミアンがどうなるのか楽しみ。

  • リィ、ドレス姿に!

  • 読了。

  • 獅子の紋章を象った招待状が届けられ
    使者が大陸全土からコーラルに赴く
    豪華な式典の背後で
    タンガ・パラスト両大国は
    飽くことなき権力への執念に策動し
    周辺諸国と大華三国のかかわりは
    微妙にかわり始める
    ウォルとリィは毅然と顔を上げ
    互いの手をとり大広間に踏み出した
    偽りの宴が始まる―

全27件中 1 - 10件を表示

茅田砂胡の作品一覧

茅田砂胡の作品ランキング・新刊情報

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に登録しているひと

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「積読」で登録しているひと

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)はこんな本です

闘神達の祝宴―デルフィニア戦記〈13〉 (C・NOVELSファンタジア)のKindle版

ツイートする