天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)

  • 90人登録
  • 3.90評価
    • (10)
    • (12)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 鳥子  Mercedes Lacky  澤田 澄江 
  • 中央公論新社 (2009年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125010632

天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タリアさんシリーズ最終章なのかな?個人的にはええ?っと思うような展開でした。

    まず、女王補佐って一人しかいない結構重要なポストなのに気軽に先行で出して良いの?…と言うのが一つ。しかも2人だけで。前回の修行は正使者になるための通過儀式だったのでわかるんですが。もう少し情報収集してから行かないのかな?情報収集こそが彼らの役目なのだとしたら情報伝達方法をきちんと考えていなかった辺りも杜撰だし(鳥とか使うのかと思った)。初めて訪れる土地なのだし10名ぐらいで行っても良かったんじゃない?とこちらの方がハラハラしました。後、敵の行動も結構いきなりですよね。なんだか怒涛の展開に違和感を感じました。

    後半、ダークの行動は献身的ではあるのですがそれ以前の行動がマイナス過ぎて正直、今更…という感じが拭いきれませんでした。っていうか周囲の人間もう少しフォローしたれよ!と思うがそれどころではなかったのか(そりゃみんな忙しいしね)。それにしても最後の方でタリアがダークに私の受けた傷よりあなたの心の傷の方が重い、みたいなことを言った時は目を疑いました。正直、この本を書かれたのが男性作家だったら問題になりかねない暴言だと思うんですが。いや、どう考えたって敵に捕らえられて精神的・肉体的に拷問受けたタリアさんの方がどちらの傷も重いでしょうに。

    ぶっちゃけクリスはなんだったんだろう…。なんか物語の展開に都合よく使われた気がしてならないです…。(二人の絆を深める為、の)最後の結婚式でもそれ以前の裏切りと残虐な拷問シーンと戦争の後味の悪さは拭いきれませんでした。と、色々とすっきりしないのにハッピーエンドと言われてもちょっとどうなの?と言う感じです。序章ということなので続きのシリーズで問題が解決することを期待して。

  • ヴァルデマール王国の「矢シリーズ」第3巻、最終巻。
    3巻は前もって、タリアがかなり悲惨な目にあうと分かっていたけどやっぱりきつかった。ヒロインがこういう目に遭うのって他でもないわけでもないが、しんどいのが相手が名無しモブってのが・・・無造作に書かれたのが逆にショックだった。
    クリスー!正直ダークより好きだったから分かっててもこの展開にはかなりへこんだ。3冊通して読むと、やっぱり創元よりも、中央公論の方が読みやすい。翻訳の澤田澄江さんとマーセデスラッキーの相性がいいのかな。

  • 再読ー。

  • ハッピーエンドなんだけど、スッキリしなかった。ちょっと…ガッカリ。

  • ようやく読破。

    最終巻だけあって、息もつかせぬ展開。まさか、彼がああなるとは……という。私は彼が一番好きだっただけに、何と言うか、衝撃的でした。
    まあ、黒幕は予想がついてたけど。

    ラストシーンは、涙しました。ああいうの大好き。

  • 2009年4月25日読了。

    かなりハードな内容でした。
    怒涛の最終巻・・・。いきなり主人公がここまで痛めつけられてしまって、結構びっくり。
    一気に1日で読んでしまいました。

    ここからまだまだ先が長いシリーズ。
    ぼちぼち読んでいきます。

  • これを読んでようやく話がつながりました。

  • 女王補佐として成長したタリアに過酷な運命が降りかかる!?さらっと描かれているけれども、酷すぎるので、★ひとつ少なくしました。ヴァルデマール、続けて翻訳される兆しです。セレナイ治世は面白いかも。このシリーズに嵌れそうです。

  • -

    2009/1/25 23:16

全11件中 1 - 10件を表示

天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「積読」で登録しているひと

天翔の矢―ヴァルデマールの使者〈3〉 (C・NOVELSファンタジア)の作品紹介

研修を終え宮廷に戻ったタリアだが、直後、「女王補佐」としての決断を迫られる。エルスペスにもたらされた、隣国の王子アンカーとの縁談を巡り、議会が分裂していたのだ。セレネイは一見申し分のない縁談に罠の臭いを感じて迷うが、証拠はなにもない。呼応するかのように、不穏な動きを見せるオーサレン卿。ついに女王の命令が下り、クリスとタリアは隣国の偵察に向かうが…。

ツイートする