世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)

  • 61人登録
  • 3.89評価
    • (9)
    • (10)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 諸口正巳
制作 : toi8 
  • 中央公論新社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125011073

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 外国のSF小説っぽい難解さ。イイね。

  • 上下読了。
    読む前は表紙絵から暗いイメージを持っていましたが、結構ライトでした。
    そんなに暗くもなかったし、グロくも感じなかったです。
    この人の他のネット作品を読んでいたので、もっとグロいのかなと思っていたんですけど。

  • 一度、放置していたので再度読み始めたら
    面白くて一気に読み進められました。

    設定がまず理解不能(笑)

    電気人間とか虫人間とか・・・

    読むうちにだんだん世界観が見えてくると言う感じ。
    とりあえず結構痛いシーンが多くて、嫌いな人は嫌いそう。

    上下で終わるみたいだけど、この世界観を使って
    いろいろシリーズ化できるんじゃないかなぁ。

  • スプラッター

  • タイトルに惹かれて。
    イラストも綺麗だし、世界観も好き。
    そして主人公がくたびれたオッサン!(オッサンってほどの歳じゃないけど(笑)
    オッサン好きにはたまらない!笑

    おもしろくてあっという間に読み終わった。
    下巻が楽しみ!

  • 鉄と錆と機械と歯車の、スチームパンクのような世界観がすごく好きでした。
    主人公がわりと年齢高めなところもだいすきです。
    オッサンいいじゃないオッサン。
    でも作者さんが仰られるほどオッサンという感じはしたようなしなかったような。

  • ある日突然カマキリ人間やらハエ人間やらに変わってしまい空は割れ人々は妄想に支配されて狂い出す。諸口さんの描くこのカオスな世界観が大好きだ!

  • 感想は下巻で。

  • グロ描写満載。そしてオッサン要素満載。まさに俺得!

全12件中 1 - 10件を表示

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)に関連するまとめ

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)の作品紹介

世界が突然壊れた。ベクスの街は、人間が昆虫に変身し"クマバチ"と呼ばれる奇怪なマスク姿の町立治安維持軍の兵士が溢れていた。元一級時計士の青年シリルは、ある夜、危機に陥った一人のクマバチを助ける。その町兵はアンスルライン拾壱號と名乗り、シリルに「あなたなら世界をもとに戻せるかもしれない」と告げる…。

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)はこんな本です

世界時計と針の夢〈上〉 (C・NOVELSファンタジア)のKindle版

ツイートする