紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)

  • 72人登録
  • 3.65評価
    • (3)
    • (17)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 九条菜月
制作 : キヲー 
  • 中央公論新社 (2010年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125011271

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

  • リディアとジュリアン対決。
    ジュリアンの動機がいまいち不可解。
    守りたいと思うものをなぜ壊す方向に持っていくのか?
    不思議な動機。走り出したら止まらない止められないってこと?

    戦争回避のやり方も乙女!
    最後悪役まとめて改心または納得済みでがれきに埋もれて死んでゆく。
    ファンタジーだから、そんな夢のようなストーリー展開もありかな。

  • 読了感は悪くはないな。というところでしょうか。

    司祭の裏切り者は最初から読めるものだったし、驚くようは展開ではありませんでした。かと言ってベタというほどベタな展開というわけでもなく…
    平和になったあとのエピソードもちょっと物足りなかったなぁ
    紋章がなくなったのにその後への影響がほとんど描かれていなかったし
    ちょっと残念

    ただ一気読みさせてもらう求心力はあったので、4巻通して⭐4つにしました

  • 戦争の結末にあまり納得できず。物語の結末はまあいいと思う。

  • 他のシリーズ(残念ながら全部は読んでません。。。)よりは読みやすかった。けれど、戦争回避の仕方とかが…理想的でキレイ過ぎて残念なような。主人公の成長は感じられて良かった。
    4巻でうまくまとまっていたと思う。

  • 前シリーズ(魂葬屋奇談)よりも完成度、読みやすさ共に上がっていると思う。

  • iPhoneに最適化された電子書籍として購入。
    文字は綺麗で読みやすいけれど、表示できる量が少ない為、紙の本のように全体を眺めて読む事ができない。
    読む時は単語かせいぜい一文だけを視界に入れてると思っていたけれど、一ページぐらいはなんとなく目に入っているらしい。そのせいかお話がうまく頭に入ってこなかった。

    全4巻。印象は「ごちゃごちゃしている」。書き込みに過不足があるというのだろうか。あちこち手を広げてしまって言葉足らずになっている気がする。多すぎるキャラクター、その全てにエピソードを語らせた為どれも記憶に残らない。大筋に紋章の話と政治の話とが出てくるがこれは分けて語っても問題なかったのではなかろうか。大風呂敷を広げて一気に解決させるにはまだ筆力不足なように感じる。

  • 〈翼を継ぐ者〉シリーズ4作目・最終巻

  • 解決方法がちょっと納得いきませんでした。なんか無理矢理?

  • 2010/10/30 17:29

全11件中 1 - 11件を表示

九条菜月の作品一覧

九条菜月の作品ランキング・新刊情報

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「積読」で登録しているひと

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)の作品紹介

リディアを狙った一連の出来事は、義兄がザイフェルト伯爵を唆し、裏で糸を引いていた。彼の狙いは、"紋章"だったのだ。ふたつの紋章を奪われた上に、国境では、リディアと国王の奮闘むなしく、シュルベルとカーランドの戦の火蓋が切られた。平和な世界を諦めきれないリディアは、紋章に秘められた力を知り、我が身をなげうって起死回生の手段に打って出る!剣と策謀渦巻くファンタジー、堂々完結。

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)はこんな本です

紋章の覇者―翼を継ぐ者〈4〉 (C・NOVELSファンタジア)のKindle版

ツイートする