コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)

  • 712人登録
  • 4.12評価
    • (87)
    • (111)
    • (47)
    • (3)
    • (1)
  • 72レビュー
著者 : 茅田砂胡
制作 : 沖 麻実也 
  • 中央公論新社 (2011年3月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125011455

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)の感想・レビュー・書評

  •  改めて読むと「俗悪な敵を常識知らずの手段でぶっ潰す」って構図は共通してるのに、なんでクラッシュブレイズシリーズはイライラしてデルフィニア戦記はそうでもないんだろう、と思ってたんですが、シェラの日常を読んでわかった。
     クラッシュブレイズでリィたちが人助けをするのは言ってしまえば趣味で、社会的な立場は(色々コネはあるけど)助けられる側の一般市民と変わりないし、リィ自身も一般市民を目指している。つまり「一般市民が一般市民を助ける」という対等な関係のはずなのに、リィたちは一行以外の人物を助けることはあっても助けられることはなく、リィたち以外のキャラがほとんど引き立て役に終わってるのがモヤッとする。
     に対し、デルフィニア戦記でリィが人助けするのは、心情的にはそう変わらなくても、そこには「王族として国民を守るのは当然(むしろ義務)」という構図が成り立つ。それにデルフィニア戦記ではお荷物じゃないキャラがいっぱいいる。
     まあ二つの世界の違いを考えると納得なんだけど、どうにもクラッシュブレイズにはモヤッとするなあ(互角な敵が出てこないことも、リィたちとそれ以外との隔絶を強めている) でもやっぱりデルフィニア戦記は大好きです。

  • ポーラ、王と王妃、シェラの日常が入った番外編。
    ポーラは知らないうちにみんなを巻き込む人騒がせ。凄く自分たちを卑下していますが、十分可愛いです。
    二人の新婚事情は言わずもがな。
    シェラの話は、ゲス男にシェラが連れ込まれたときにヴァンツァーが来るのかなと思ったんですが、いつも見てるわけではなかったですね。そして今回の事を彼が知ったらあの空気読めない男はそっと殺されそうな予感。

  • デルフィニア戦記外伝の2。
    二つの中編とひとつの超短編が入っている。

    『ポーラの休日』はさながらオールキャストによる変装(仮装?笑)大会だな。
    それこそ舞台劇を見ているような楽しさだった。
    これで最後にウォルも変装して出てきたら完璧だったのに(笑)
    それにしても、女性たちの買い物にある意味付き合わされて、振り回される王妃様が笑える(オニ)

    そして『シェラの日常』はあまりに色々ありすぎて、こんな毎日は大変だけど退屈しないだろうなあ。
    前から思ってたけど、シェラって基本感情表現が素直だよね。
    元刺客とは思えない。
    いや、なんかかわいい。

    ああ、やっぱり、デルフィニアの世界はいいな。
    ひとまずこれで区切り。
    あとは、お弁当箱を入手しなくては。

  • 【内容】
    デルフィニア戦記の外伝。シェラやポーラにスポットを当てて、日常を描く。日常といっても、いろいろあるが。

    【得たもの・やってみること】
    ・特になし
    【感想】キャラで押す話しで、目新しくはないが、安心して楽しめた。

  • 図書館で。なんだか平和な一日。
    ポーラさんが結局買ったものが可愛らしい。確かに一時期の目くらましではなく本質を磨かなくてはね、というのは真理だと思う。そしてシェラさんのハードな一日も面白い。けど扉絵見るとやっぱり男っぽいなあと思ったりしました。

  • 短編集。
    全然平穏じゃないし。
    「ポーラの休日」、、、ポーラたちはいったいいつの間に帰宅していたんでしょう?そもそも入ったところが違ったの?謎だわ。
    「シェラの日常」、、、シェラ、有能すぎ~!!

  • 懐かしい面々との再会は嬉しいのですが少々物足りないと思ったりする日常短編集です。でも、彼ら以外の人たちからしたらどこが平穏だと言うでしょうけど。

  • こういう「おまけ」は嫌いじゃない。
    ポーラの休日がとてもかわいらしくて良かった。

  • ●デルフィニア国王の愛妾ポーラが気晴らしにとコーラル城下に出かけたがこれが大騒動に発展―!
    〈ポーラの休日〉

    ●リィとウォルの婚姻も間近なある日シェラは超絶技を駆使して平穏な日々を送っていた…?
    〈シェラの日常〉

    デルフィニア物語が二中篇+一短篇にて久々の登場!

  • シェラの「助けてください!」が妙にツボに入りました。そっかー、こういう生活してたのか…ってちょっと新鮮。

  •  デルフィニア戦記の13巻と14巻の間辺りの時系列での話が2つと、ウォルとリィが結婚した直後での戦場での話が1つ入っています。後者の話は他の2篇と比べるととても短く、数ページほどです。
     タイトル通り、本編ではあまり書かれない平和な時の出来事が書いてあります。城下町での事件やポーラやシェラの日常が詳しく語られます。
     読む前は本編のような派手な出来事が起こらなそうで退屈かもしれないと思っていましたが、結構いろいろな騒動が起こるのでそんなことはありませんでした。
     王妃が帰ってきたときに何事もなかったように料理を出せるようにと右往左往するシェラの話が面白かったです。

  • 『ポーラの休日』、『シェラの日常』、『王と王妃の新婚事情』の三篇からなる短編集。

  • デルフィニア戦記外伝2
    『ポーラの休日』『シェラの日常』『王と王妃の新婚事情』の三本立て。

  • 【収録作品】「ポーラの休日」(13巻の終わり)/「王と王妃の新婚事情」(8巻の頭)/「シェラの日常」(14巻の頭)
    シリーズ物の楽しみ。

  • ポーラの休日・王と王妃の新婚事情・シェラの日常の豪華(?)三本立て。

    血なまぐさい場面が(少)なくて、珍しくポーラに振り回される王妃さまや、自らの失態に頭を悩ませるシェラさんが登場します。
    タイトル通り、これくらいなら平穏な日々といえるのでしょう。

    でもやっぱり「戦記」がかっこよすぎて物足りないな~

  • 購入。

    タイトル、どこが平穏なのかと(笑)
    この人の作品の中ではやっぱりデルフィニアが一番好きだ。
    でもデルフィニア読んだのが久し振りすぎてメイン以外の人が分からない…
    本編読み返したくなるけど18巻はなかなかハードル高いな。

  • ブックオフで100円で見つけたので購入。
    茅田先生の最新本は大抵100円にならないのでラッキーでした。
    久しぶりのデルフィニアでしたが、爽快感は相変わらずでうれしい限り。
    苦労人ライクなシェラにフォーカスをあてた話が一番共感しやすいかも。

  • やはり茅田砂胡はデルフィニア戦記が一番!久しぶりにデルフィニアの話を読めて楽しかった。個人的には王と王妃の話が好きなのだが、他の人の話でもリィとシェラが中学生になっている話よりは数倍楽しい。

  • シェラいいよ、シェラ!
    中編×2と短編×1でしたが、中編の「シェラの日常」が非常におもしろかった!

  • デル戦外伝。タイトルは「平穏」とありますが、いやいやいや(笑)

  • <ポーラの休日><王と王妃の結婚事情>短い。<シェラの日常>シェラに次々と襲う悲劇。リィの夕食にシチューは出せるのか!?

     ポーラの休日は画集で読んでました。頑張るシェラがほほえましくてよかったです。

全72件中 1 - 25件を表示

茅田砂胡の作品一覧

茅田砂胡の作品ランキング・新刊情報

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)を本棚に登録しているひと

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーラル城の平穏な日々 デルフィニア戦記外伝2 (C・NOVELS Fantasia)のKindle版

ツイートする