暁の島へ - 熱砂の巨兵4 (C・NOVELSファンタジア)

  • 23人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 黒川裕子
制作 : 為重 英子 
  • 中央公論新社 (2012年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125012162

暁の島へ - 熱砂の巨兵4 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大団円なんだけど、ご都合主義に見えてちょっと残念。なにしろヒロインがかわいくなくてなー。

  • 完結。
    天馬同士の戦いで最後かと思ったら、それからがけっこう長かった。
    底のものを蹴散らし、混沌を封じ、外殻を吹き飛ばし…で最後は…
    まぁ、納得の結末ですね。始祖も巨兵もそれなりに報われたし。

  • シリーズ完結。伏線回収してきれいにまとめられた、という感じ。壮大な世界観とともに、カルスと誰か、というそれぞれの関係がどれも興味深い作品だった。カルスと白天馬、カルスとジェリン、カルスとシーバ。どれも甲乙つけがたく好きだなぁ。ビシュランを威嚇する白天馬が最高に格好よくぞくりとさせられた。主従良いなー。次回作にもまた期待する。

  • どう終わらせるのかと思っていたが、概ね大団円である。しかし、あのラストシーンに半笑いになってしまったのは許してもらいたい。何でこんなBL臭漂うシーンなのだ(笑)。悪くはないけど。石火矢が丸くなって可愛くなった。

全4件中 1 - 4件を表示

暁の島へ - 熱砂の巨兵4 (C・NOVELSファンタジア)の作品紹介

赤い砂を操る御方の正体は、魂・意志・力の三徴にわけて封じられていた始祖だった。より強い力を発揮できる依り代を欲する始祖は、子孫である真の天馬カルスを狙い、一行の目前に立ちはだかった!人間の命を吸い復活した"函舟"とカルスの母の声をもつ裏切り者"巨兵"を従えて…。人々の未来がかかった戦い、真の天馬同士、決着をつける刻がきた。滅びゆく砂漠を舞台に描かれた壮大なるファンタジー、完結。

暁の島へ - 熱砂の巨兵4 (C・NOVELSファンタジア)はこんな本です

暁の島へ - 熱砂の巨兵4 (C・NOVELSファンタジア)のKindle版

ツイートする