白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 笹原 亜美  原島 文世 
  • 中央公論新社 (2014年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784125012971

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハルディーム族の文化風習って伸び伸びしていてイイな。キラームも家族にどんなに愛されて育ったかが良く分かる。ところでキラーム側の心情は何となく分かっていたけれど、ハビエルが何が切っ掛けで何時からキラームに惹かれるようになったのかずっと疑問だったけれど、そうだったのか~。カリクストの日記はそうだったのか~。それに今まで肝心の描写が美的なほどあっさりだったので、どっちが攻・受か???だったけど、そうなったのか~ww。それは意外だなァ。リバも有りかもw。おめでとさん^^

全1件中 1 - 1件を表示

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に登録しているひと

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)を本棚に「積読」で登録しているひと

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)の作品紹介

学院で過ごす最初の一年が過ぎようとし、研究に没頭するキラーム。だが、国王杯に出品するつもりで作り続けていた蒸気機関を、フェデレスに叩き壊されてしまう。影に憑かれ、正気を失った彼の姿に、改めて呪いの強さを痛感するキラームとハビエル。受賞を期待できる自信作だったのみならず、フェデレスにかけられた呪いを解く一歩ともなるはずだったのだ。やがて年度末の休暇となり、学生たちは帰省する。一人、ハルディーム地区へ帰るキラームは…。大転換の学園本格ファンタジー。

白冥の獄2 上 - 霊域の秘密 (C・NOVELSファンタジア)はこんな本です

ツイートする