パワー・エリート 下  UP選書 29

  • 23人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : C.W.ミルズ
制作 : 鵜飼 信成  綿貫 譲治 
  • 東京大学出版会 (2000年発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130050296

パワー・エリート 下  UP選書 29の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカの社会科学が実証的科学となって依頼、それに常に見られる1つの弱点は多数の諸原因をたんに列記することから一歩進め、どのように事実の1つ1つが繋がりあっているか、また、それがどのようにして作り上げられているかを理解できるように考慮していくことにある。

    抑制と均衡の理論、この理論は抑制と均衡を政治的決定の唯一の様式として考えている、背後にはアリストテレス以来よく知られて、18世紀のアメリカ建国の父たちが確信していたところの階級理論が存在している。19世紀のアメリカは中産階級社会であり、そこえは幾多の小さな、そして比較的平等な力を持った組織が栄えた。

全1件中 1 - 1件を表示

パワー・エリート 下  UP選書 29はこんな本です

ツイートする