圏論による論理学―高階論理とトポス

  • 90人登録
  • 3.44評価
    • (3)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 清水義夫
  • 東京大学出版会 (2007年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130120579

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
戸田山 和久
S.マックレーン
野矢 茂樹
ブライアン カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

圏論による論理学―高階論理とトポスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784130120579

  • 人文系の教授による圏論の教科書.圏論(トポス)を使うために知るべき圏論基礎と数学的背景の解説が中心.第1章はλ記号の決まりやt/f,and/not,⊂・⊃などの数多くの論理記号の定義の説明.第2章は圏の種類と和積の概念の考え方,トポスの条件と特徴.第3章は関手の導入とトポスへの適用,第4章はトポスの性質,という構成.全体的に図が多く図と本文を照らし合わせると分かりやすい.関手の図示は際どい気もしたけど.圏論用語に英単語が載っているため,洋書の訳にも役に立つ.
    言語ひいては表現や認識という概念を捉えるために圏論とその数学的厳密性を導入する,というのが元々のスタートであるため,第1章には自然言語の構文解析の紹介があったり,高階論理とトポスと(哲学的な)普遍倫理への適用というのが“結び”の章になっている.哲学的な知識概念の論理解釈に対するトポスの適用は面白かった.
    淡々と定義・定理・証明の繰り返しなので,独学者向きではないと思う.自分は随伴関手Πを応用し始めたあたりから???

  • λ-h.o.l. の h.o.l.が、 higher order logicであることを始めてしりました。
    圏論とうものがあり、トポスというものが役立ちそうだという感触が得られました。

  • 教員からのコメント:圏論を扱った比較的最近出版された教科書です.研究,勉強に役立つと思われます.

全4件中 1 - 4件を表示

圏論による論理学―高階論理とトポスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

圏論による論理学―高階論理とトポスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

圏論による論理学―高階論理とトポスはこんな本です

ツイートする