法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期まで

  • 24人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 笹倉秀夫
  • 東京大学出版会 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130323406

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハイライトはマキャベリ解釈だろうか。ルネサンスの潮流に準じる理解は、断絶者マキャベリ像とはかなり異なる。
    最終章の魔女狩りの残虐さ、その規定要因は、現在の我々に通底する問題意識と受け止めた。

全1件中 1 - 1件を表示

笹倉秀夫の作品

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期までを本棚に「読みたい」で登録しているひと

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期までを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期までを本棚に「積読」で登録しているひと

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期までの作品紹介

プラトン、アリストテレス、キリスト、アクィナス、マキアヴェリ、ルター…。思想家とその時代を描き、法の生成と発展を解き明かした決定版テキスト。

法思想史講義〈上〉古典古代から宗教改革期まではこんな本です

ツイートする