社会学

  • 94人登録
  • 3.28評価
    • (2)
    • (3)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 奥井智之
  • 東京大学出版会 (2004年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130520218

社会学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「社会学」と名のつく本はどれも、社会をなんとなく撫でまわしているだけのような印象を受ける。はっきり言ってそれは私には面白いものではないし、腑にも落ちない。にもかかわらず世の中に「社会学」がこれほど横行しているのは何故なのか。
    社会学の捕らえどころのなさの訳は、その自由度の多さによるのではないか。社会を解明する前提として、束縛するものがあまりにもなさすぎて何とでも記述できてしまう。普遍性というものがまるでない。にもかかわらず、社会自体からの要請によって社会学は何となく続いているという構図ではないのかな。

  • 「社会学」と名のつく本はどれも、社会をなんとなく撫でまわしているだけのような印象を受ける。はっきり言ってそれは私には面白いものではないし、腑にも落ちない。にもかかわらず世の中に「社会学」がこれほど横行しているのは何故なのか。
    社会学の捕らえどころのなさの訳は、その自由度の多さによるのではないか。社会を解明する前提として、束縛するものがあまりにもなさすぎて何とでも記述できてしまう。普遍性というものがまるでない。にもかかわらず、社会自体からの要請によって社会学は何となく続いているという構図ではないのかな。

  • 社会学概論・概説書。社会学ってどんなことやるんですか、って前置きしてから集団・都市・ジェンダーなど幅広い範囲について広く浅く解説。まずはこの一冊を読んでから、次は特定の分野について他の本を読んでいけばいいと思う。

  • まさに概説書。物足りないかた言わないでね。最後がよかったなー。。

全4件中 1 - 4件を表示

社会学を本棚に登録しているひと

社会学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会学の作品紹介

ドアにまつわる日本人のマナー、大学における私語との格闘、病人の「役割」とは何か…。身のまわりのさまざまな問題から社会学の基本的なコンセプトを説き明かし、「社会学のスピリット」をわかりやすく伝える入門の一冊。

ツイートする