環境社会学―生活者の立場から考える

  • 40人登録
  • 3.60評価
    • (2)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鳥越皓之
  • 東京大学出版会 (2004年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130520225

環境社会学―生活者の立場から考えるの感想・レビュー・書評

  • 授業の教科書。
    テスト直前に購入。使用期間2日。

    ががが。

    普通に読みやすくておもしろかった。
    「環境破壊はダメだー!!」とか
    「観光産業は死ね!」とか
    そういうことはまったく書いておらず
    人間の文化や生活と自然をうまく調和させるには
    どうすればいいか、的なことが書いてある(はず)。
    自然だけじゃなく、人間を分析対象とする、
    それが社会学、環境社会学なんだって書いてある(はず)。
    そうだよな、そうだよな、ふんふん、と
    読み進めることができた。

    筆者の鳥越先生は“生活環境主義”の第一人者らしい。


    真面目に読んで、ちゃんと授業も聞いていれば
    よかったかもな、もったいなかったな、

    って
    テストが終わったから言ってみる(笑)

    環境社会学の入門にはぴったりだと思います。



    えらそうにごめんなさい…
    単位ください><

  • 大学院のテキスト

全2件中 1 - 2件を表示

環境社会学―生活者の立場から考えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

環境社会学―生活者の立場から考えるを本棚に「積読」で登録しているひと

環境社会学―生活者の立場から考えるの作品紹介

自分たちが住む環境をよくするために、未来の子どもたちによい環境を手渡すために、社会学には何ができるのか。公害問題や環境破壊、ゴミ問題、リサイクル、地域の景観などにアプローチする、暮らしのための環境社会学入門。

ツイートする