高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本

  • 12人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 高瀬正仁
  • 東京大学出版会 (2014年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784130613101

高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者の前著,岩波新書「高木貞治」から派生した本.題名が示す通り,幕末から明治の日本の西洋数学の受容とそれに関わった人々の話が中心である.取り上げられている人のうち主なものをあげれば,菊池大麓,藤澤利喜太郎,高木貞治,関口開,河合十太郎,西田幾多郎,藤森良蔵など.
    前著も新書とは思えないほど専門的だったと思うが,この本の方がさらに専門的.そして厚い.日本の数学史や高等教育の歴史に興味のある人向け.

全1件中 1 - 1件を表示

高瀬正仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジム・アル-カリ...
デイヴィッド・J...
ダニエル・タメッ...
ジョセフ メイザ...
山本 義隆
有効な右矢印 無効な右矢印

高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本を本棚に「読みたい」で登録しているひと

高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本を本棚に「積読」で登録しているひと

高木貞治とその時代: 西欧近代の数学と日本の作品紹介

世界的数学者高木貞治.彼はどのような道のりをたどり,類体論をはじめとする偉大な業績や数多くの名著を残したのか――近世から近代へと学問がダイナミックに変遷した時代を懸命に生きた,高木と彼をめぐる人びとの姿を鮮やかに描き出す.

ツイートする