現代児童文学の語るもの (NHKブックス)

  • 23人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮川健郎
  • 日本放送出版協会 (1996年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140017777

現代児童文学の語るもの (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 105 馬場北ブコフ

全1件中 1 - 1件を表示

宮川健郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

現代児童文学の語るもの (NHKブックス)の作品紹介

1950年代末、小川未明らの童話伝統を乗り超え、真に子どものための文学を標傍した児童文学革新の波は、果して何を生みだしたのだろうか。松谷みよ子、佐藤さとるらにより物語性豊かな作品が生み出され、那須正幹、後藤竜二らは、過酷な状況下にある子どもを描き出したが、子どもに与える向日性の文学という軛からの開放は、同時に、児童文学自体のジャンルとしての危機をもたらしている。子どもの世界が大きく様変わりし、大人の文学との境界が曖昧化するなかで、問題群ごとに作品を捉え直し、児童文学革新の40年を問い直す。

現代児童文学の語るもの (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする