音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)

  • 47人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (2)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 日本放送出版協会 (1999年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140018538

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
レイチェル カー...
梶井 基次郎
遠藤 周作
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サウンドスケープに興味を持ち、本書を拝読。
    現代は多様な音に満ち溢れているが、人に最も心地良い音とは何であろうか?また五感で体感する音とは?など熟考したくなる内容である。
    音は人の生活に欠かせないものであり、意識の仕方次第で異多種の感性を刺激する不可思議な存在であることを改めて痛感した。
    再読して理解を深めたいと思う。

  • [ 内容 ]
    “音”と“響”が身辺を満たす。
    かつての風の息吹きや川の瀬音にかわり、無機質な電子音、間断なく流れるポップな音楽が街にあふれている。
    遙かに聞こえる自然の音から、鋭く耳に突き刺さる機械音まで、“音”がつくる風景は、時代と社会の姿を凝縮している。
    本書は、R・マリー・シェーファーが提唱した「サウンドスケープ論」を検証しながら、人々の暮らしのなかの“音の風景”を見直してゆく。
    人間の五感に捉えられた事象を手がかりに、新しい切り口で社会を読み解く感性行動学と、現象学的社会学の視点から日常生活を考える。

    [ 目次 ]
    第1部 感性・想像力とサウンドスケープ(改めて「感性」を問うということ―現代社会を理解するために;感性と拡張された身体;サウンドスケープの社会誌;音とともに生きる)
    第2部 人間と音の世界(“音の風景”と生活世界;生活史の音―音の個人史)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 分類=サウンドスケープ。99年6月。

全4件中 1 - 4件を表示

音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)の作品紹介

"音"と"響"が身辺を満たす。かつての風の息吹きや川の瀬音にかわり、無機質な電子音、間断なく流れるポップな音楽が街にあふれている。遙かに聞こえる自然の音から、鋭く耳に突き刺さる機械音まで、"音"がつくる風景は、時代と社会の姿を凝縮している。本書は、R・マリー・シェーファーが提唱した「サウンドスケープ論」を検証しながら、人々の暮らしのなかの"音の風景"を見直してゆく。人間の五感に捉えられた事象を手がかりに、新しい切り口で社会を読み解く感性行動学と、現象学的社会学の視点から日常生活を考える。

音の風景とは何か サウンドスケープの社会誌 (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする