子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)

  • 40人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
  • NHK出版 (1999年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140018637

子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 考古学関係の章しかまだ読んでないけど、なるほど、絵画の描き方パターンとか、なにをくみ取ればいいのかの示唆にはなると思う。

  • 「個体発生は、系統発生を繰り返す」(ヘッケル)
    子どもによって多少のちがいはあるが、どの子も基本的には同じ発達の道筋をたどる。

    とても面白かったです。

  • 子どもの絵には、こどもの心、発達を知るための情報がたくさん含まれている事が分かりました。

  • 子どもの絵の発達段階を捉えることができます。絵やものをつくりやすい環境つくり の方法も☆

全5件中 1 - 5件を表示

東山明の作品一覧

東山明の作品ランキング・新刊情報

子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

子どもの絵は何を語るか 発達科学の視点から (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする