免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)

  • 62人登録
  • 3.12評価
    • (0)
    • (2)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 多田富雄
  • NHK出版 (2001年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140019122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
多田 富雄
ジェイムズ・P・...
J.L. ボルヘ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 免疫のメカニズムから哲学まで、専門外にもわかりやすく説明している本。たまに用語の説明がわかりにくいのがすこしだけ残念だけど、読んでいてわくわくした。

  • だいたい『免疫の意味論』と同じであるが、多少説明の追加がある。特にマクロファージとナチュラル・キラー細胞が活躍する「自然免疫」とT細胞とB細胞が活躍する「獲得免疫」の違いに詳しい。自然免疫というのは記憶をもたず、いわゆる「抵抗力」のようである。スーパーシステムについても、「自己生成」「自己多様化」「自己組織化」「自己適応」「自己言及」「自己決定」「閉鎖性と開放性」などのキーワードで定式化していて、言語や都市、社会などの解明にも使えるであろうとの提言をしている。T細胞を教育する「胸腺」の役割が理解されだしたのが1960年代だそうだ。

  • 一般向けに書かれた免疫学の本。教科書ではないけれど、免疫学のエッセンスと、多田先生のフィルタを通した免疫学の面白さが書かれている。

  • 免疫とは何かということがだいぶ簡潔に述べられていると思う。免疫の入門の入門みたいな感じか。内容は新しめのことが多い。

  • 全く知らなかった方なのだけれど・・・
    追悼。

全6件中 1 - 6件を表示

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)の作品紹介

我々を、伝染病などの病から守る「免疫」。免疫は、「自己」と「自己ならざるもの=非自己」を識別し、身体の「自己」を監視・維持する機構であるが、アレルギーや自己免疫疾患、がん、エイズなどからは、「自己」と「非自己」の交差する、免疫のもう一つの顔が見えてくる。免疫学の基本を分かりやすく解説しながら、高次生命機構としてのヒトを理解するための超システムとしての免疫系の働きにまで着目する。免疫学の大家による、はじめての免疫学の入門書。

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)はこんな本です

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)のペーパーバック

ツイートする