青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 古屋健三
  • 日本放送出版協会 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140019269

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実は、内容はさほど新しいとは言えない。しかし長く小説を読み込んできた、長く文学という営為に関わった人ならではの、味わい深い文章がところどころに見える。その滋味は作者が矢張り何よりも文学の力を信じていることから醸し出されるのだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)の作品紹介

「青春」や「青年」という言葉は、どこか気恥ずかしいものになってしまった。しかし、近代社会では、「青春」や「青年」は輝かしい概念であった。文学青年が巷にあふれ、純文学が青年のバイブルのように読まれた。夏目漱石の『三四郎』、森鴎外の『青年』をはじめとして、青年を主人公とした近代小説が数多く生まれた。スタンダール、ドストエフスキー、カミュ、大江健三郎、村上春樹…自殺する青年や殺人を犯す青年を描いた小説を読み解き、近代社会にいかにして「青年」が誕生し、輝き、やがて輝きを失っていったのかを鋭く考察し、「青年」の正体に迫る力作評論。

青春という亡霊―近代文学の中の青年 (NHKブックス)はこんな本です

ツイートする