野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉

  • 35人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 鈴田 敦之 
  • 日本放送出版協会 (1990年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140051610

野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 80年代のマネーゲームの時代(映画「ウォール街」の時代)の最大のディール、KKRによるRJRナビスコの買収を書いた本。
    いや、すごいね。
    まず持って物語として面白い。
    次に、勉強した。これをしったのは「ビジョナリーカンパニー」でのレイノルズとフィリップ・モリスの比較だけど、それだけだったら、単なる善玉悪玉で終わっていた。読んでみたら、ロス・ジョンソンもクラビスもそんなに単純じゃないし、みんなミスをしているし、みんな合理的だし、「RJR空軍」だって、否定はできない。「春秋の筆法」ではだめだ。
    客観的で皮肉な作者の筆に踊らされている感はするけど、それはよくぞここまで取材したというべきだろう。
    これは四半世紀前の話ではないな。

    下巻で、マイケル・ミルトンは出てくるかな。出てきてほしいな。

    あと、なんだろう。こういう世界は自分とは無縁のはずなんだけど、妙に惹かれてしまう。

  • 1988年の
    RJRナビスコのLBO争奪戦を描いた金融ビジネス書の邦訳版です。

    長く世界最高額となっていた251億$(約3兆円)の買収劇ですが、
    さすがに25年前のこと…、時代背景も、金融工学も色あせています。

    小説のジャンルでしょう?が、
    経済誌の記者さんが、綿密な取材の元にまとめたビジネス書であり、

    いまだに、アメリカでは、読み継がれているというだけあって、
    並みの経済小説など足元にも及ばない迫力と緊張感がありました。

    邦訳版は絶版で、刊行当時はほとんど売れなかったそうですが、
    M&Aにたずさわる者ならば、必読の書でしょう。

    超円高の今こそ、In-OutのM&Aのチャンスですし、
    過去の歴史を学ぶには、打ってつけの書ですね。

全2件中 1 - 2件を表示

野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉を本棚に「積読」で登録しているひと

野蛮な来訪者―RJRナビスコの陥落〈上〉の作品紹介

全米19位の大企業RJRナビスコの買収にウォール街が色めきたった。仕掛け人は風雲児ロス・ジョンソン。自らCEO(最高経営責任者)を務める企業を手中に収めようというのだ。ウォール街の有力企業がいっせいに動き出す。巨額の利益と業界の覇権を求めて、マネーウォーズの幕が切って落された。

ツイートする