元禄繚乱〈中〉

  • 10人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 中島丈博
  • 日本放送出版協会 (1999年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140053133

元禄繚乱〈中〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (1999.06.07読了)(1999.04.27購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    「武士の忠義」の時代は過ぎていた。内匠頭殿中刃傷から城明け渡しへ、赤穂は風雲急を告げる。苦悩する大石内蔵助。柳沢吉保の見果てぬ野望。戦慄する吉良上野介。上杉家色部又四郎の智略。男の策謀が情念となり、女の義が渦を巻く。将軍綱吉の落胤を巡るもうひとつの仇討ちは成就するのか。「人間の忠義」を初めて生きた赤穂浪士たち。脚本家自ら書き下ろす、NHK大河ドラマ小説、佳境の中巻、堂々刊行。

    ☆関連図書(既読)
    「峠の群像(一)」堺屋太一著、文春文庫、1986.12.10
    「峠の群像(二)」堺屋太一著、文春文庫、1986.12.10
    「峠の群像(三)」堺屋太一著、文春文庫、1987.01.10
    「峠の群像(四)」堺屋太一著、文春文庫、1987.01.10
    「元禄繚乱(上)」中島丈博著、日本放送出版協会、1998.12.10

  • 単なる仇討ちではなく、幕府への反抗や権力への執念などが渦巻く仕上がり。

全2件中 1 - 2件を表示

元禄繚乱〈中〉はこんな本です

ツイートする